WEB担当・集客事例

【徹底解説】Web製作を依頼するときに制作スピードがどのくらいか確認する質問例

投稿日:2020年9月7日 更新日:

Web製作のフリーランスの仕事の速さについてあった問合せがあったので、そのときの参考回答をご紹介します。

Web365とは

Web365は、外部Web担当者として、クライアントのWebサイトの集客力を高める施策を運用代行しています。

今回は、Web制作の会社やフリーランスの制作スピードについて確認したいときの当方が実際に回答する一例の紹介です。

Web365について詳しく知りたい方は「Web365とは」ご覧ください。

外部依頼する際、制作会社でもフリーランスでも基本的には確認事項を同じです。

その方の

  • 生産体制
  • 技術力(事例実績)
  • 現状のリソース
  • 具体的なタスク例


で確認すると良いです。


生産体制は企画と製作があり、分業されているだけ速さは落ちます。技術力や現在の仕事量でも作業時間、納品時間は変化します。

一般的にはフリーランスは分業が少ない、事例のある分野で受注する、などで比較的速いですが現在の仕事量などにより変化します。

Web制作の生産体制について

Web製作においての生産体制は、大きく2つに分かれます。

  1. 企画
  2. 製作

企画は、

クライアントの要望をヒアリングし、仕様やイメージなど製作できる情報まで形にする役割。職務としてはディレクターです。

制作は、

仕様書をもとにデザイン、コーディングなどを進めるデザイナーやコーダーと言われる職務にあたります。

企画から製作の流れの中で分業具合によって単純に速度は遅くなります。

ここではフリーランスのような小規模な生産体制で知っておきたいのは、依頼検討している方が、下記の2つで大きく変わります。

  1. ディレクターとして窓口を担当して、製作は別の方になるのか
  2. それともデザインコーディングする方なのか

この2つで大きく変わります。

スピードの点では、

後者のデザインコーディングする方に依頼した方が実際に作業する人ですので速いと考えられます。

Web365も企画から製作までワンストップ対応、デザインコーディングまでします。

技術力(事例実績)

技術力によって、製作スピードは変わります。

技術力が高い方が早く製作できるので、スピードだけを考えるなら、技術力の高いひと、依頼案件の実績がある人や近しい製作経験があるひとに依頼すると良いです。

この場合、

  • 具体的にこんなものをつくりたいと伝え
  • できるかできないか
  • できる場合は過去に近い製作実績があるか、

など質問すれば依頼検討の判断ができます。

現状のリソース

技術力や製作実績で依頼検討できる人材と判断したあとでも、その人材の現状の製作時間の確保つまりリソースがあるかないかで依頼検討は変わります。

現状のリソースの確認は、具体的な依頼情報と納期を伝えることです。

相手方は、納期に対してリソースを計算することができるので、適切に返答を受けることができます。

具体的なタスク例を確認する

これまでにも述べましたが、

  • 生産体制
  • 技術力
  • リソース

などの確認事項はつまるところ、

具体的なタスク例を伝えることで適切な回答を得られます。

質問例としては

  • 具体的なタスク、依頼情報を伝える
  • 生産体制
  • 技術力
  • リソース


があるかの
「具体的回答が欲しい」と質問しましょう。

結論

フリーランスだから会社組織だから速い遅いではなく、裏側の事情がそれぞれ違うので、この点を、踏まえて質問することで、依頼検討すべきか判断できます。

    以上です。

    Web365のスタイルでのサービス提供は、当方も前職のWEB担当経験で外部業者とのやり取りした経験から生まれました。






    Web担当者として月額サポートします。

    Web365は貴社のWeb担当者として、制作改善運用をワンストップ定額サポートしています

    ・成果にこだわるサイト制作改善をお望みの方
    ・良いweb制作会社、コンサル会社がいないとお困りの方
    ・分析から改善運用まで一括で依頼したい方


    是非Web365までご相談ください。






    Web制作+Webマーケティングの個別講座開講中

    Web365はWeb担当者のスキルセットである
    サイトを変更する「提案力」と「技術力」について個別指導しております


    ・Webで集客するための「考え方」を知りたい方
    ・サイトの制作改善のセオリーを知りたい方
    ・自身のサイトでケーススタディをしたい方
    ・サイトの制作改善の「技術的なスキル」を習得したい方
    ・分析から改善運用まで自身でしたい方


    どうぞWeb365の個別講座をご覧ください。

    WEB担当・集客事例

    執筆者:

    関連記事

    【徹底解説】Webサイト改善の27の王道メソッド

    Webサイトの改善の王道メソッドをリストアップしました。改善を検討している方に実際にWeb担当をクライアントワークしている当方がWeb改善の考え方について解説します。 ※まだ当記事は、メモ書きですので …

    【解説】外注Web担当が集客戦略をたてるとしたら?その一例をご紹介します

    Web担当としてクライアントさんのサポートをした場合に、まず、集客草案を提出し施策のリストアップなどを話し合います。 どのような流れで集客を考えているのか。その一例をご紹介します。 現状把握 まず、ク …

    マルチタスクの失念対策「成果をあげるタスク・予定のたて方」

    クライアントサイトの成果をあげることをミッションとしているWeb365は、タスクスケジュールから、1日のカレンダースケジュールまで落とし込むときにも成果を意識するような予定の作り方をしているので、共有 …

    集客に強いWebサイト運用代行のメリットと費用【徹底解説】

    WEBサイトの運用代行を外注するかどうかを検討している方に実際にWeb担当をクライアントワークしている当方がそのメリットや考え方について解説します。 ※まだ当記事は、メモ書きですので、おってもう少し詳 …

    【事例】Web担当、改善着手5ヶ月、問合せ数、前年期間比4倍達成

    Web担当としてWeb改善着手後5ヶ月の案件の成果報告として、問合せ数前年期間比4倍達成をしました。 Webページの改善計画の設計 具体的なページ構成 など少し触れて解説します。 Webサイトは数カ所 …

    【解説】Web担当はどこまで制作から運用の代行サポートをしてくれるの?

    Web365にサポートを依頼した場合、クライアントのどこまで入り込んで制作などをしてくれるのか?というご質問をいただくので、ご説明します。 Web担当の制作運用サポート、技術的視点 技術的には、 サー …

    【提案事例】運営リソースが割けない場合のECサイトの展開案

    【5分で読めます】 クライアント事例として、ECサイト(eコマース、つまりオンラインショップ)を開設したいけれど「運営リソースがほぼない」条件での展開案ついての提案事例を解説します。   Web365 …