WEB担当・集客事例

【事例】Web担当3ヶ月、コンバージョン率2.17倍達成

投稿日:2020年4月28日 更新日:

Web担当3、4ヶ月の案件の成果報告をしました。

リスティング広告からサイト流入したユーザーの問い合わせ、つまりコンバージョン率が、Web改善をはじめた1ヶ月目と比較して2.17倍の成果をあげました。

Webサイトは数カ所改善するだけでも成果に反映されます。

少し具体的な施策や課題など振り返りたいと思います。

※個別情報のため、差し支えない範囲での解説となります。

Web担当したクライアント、B2Bビジネス

B2Bで法人へのサービス提供をしている業界です。商材は体験型のサービスなどです。

Webサイトからの問い合わせを増やすことを目的に、当方がWeb担当に就きました。

コンバージョン率2.17倍達成の算定方法

今回のコンバージョン率(以下CV率)2.17倍は、

問い合わせ数/リスティング広告からの流入数

をCV率として、

1ヶ月目のCV率と、3ヶ月目のCV率を比較した数値が

CV率2.17倍という数値です。

具体的な数値は控えますが、

1ヶ月のCV率を基準に、

2ヶ月目のCV率は1.74倍

となっております。

2ヶ月のCV率を基準に、

3ヶ月目のCV率は1.24倍

となっております。

Web担当として実行した成果増施策

今回のクライアントさんでのWeb担当として、成果増のためにした施策のいくつかをご紹介します。()内はなんのために行っているかの目的です。

  • Googleアナリティクスの計測設定(分析)
  • どの流入元がCV率が高いか特定し、施策提案(問い合わせ増)
  • 既存施策であったリスティング広告からのCV率の増加施策提案(問い合わせ増)
  • トップページで訴求から問い合わせまで完結できるページ改善(問い合わせ増)
  • 問い合わせフォームの改善(問い合わせ増)
  • 下層ページの構成や情報の整理(流入増、問い合わせ増)

広告流入が期待できるなら、まずは流入ページを改善する

今回事例のように、

既存施策ですでに広告流入が少数でも期待できているけれど、問い合わせが少ない場合、

  1. 流入ページ
  2. 問い合わせページ

を改善する必要があります。

最短工数で、2ページの改修で数値も改善できる可能性があります。

お問い合わせフォームの改善事例
【コピペ】お問合せを増やしたいフォームの制作の方法と考え方_前年比200%増の成果事例

Webサイトのなにを改善すればいいか分からないとき
【徹底解説】Webサイト改善の27の王道メソッド

Web戦略の策定が重要

2ページで改善できるとしても、その2ページに自社の良さをコンテンツとして載せる必要があります。

そのためには、

  1. 現状把握
  2. 自社のビジネスについて言語化
  3. 2をもとにしたWeb改善案の策定
  4. Webサイトへの実装

の手順にそって、進めることが大事です。

特に、ステップ2の部分は、自社内で言語化できていないことがでWebサイトも訴求力の弱いサイトとなっていることがほとんどです。

自社のビジネスについて言語化するメリットは、Webサイト改善以外にも

  • 現状把握の再確認
  • 営業力の向上
  • 広報媒体の向上

など期待できることが多くあります。

Web制作では、ビジネス戦略の部分から一緒に走っていくことが大切

Web365では、Webサイトを分析し、成果が出やすい施策をもとに、制作改善から運用の代行サポートをしています。

どんなWebサイトにしていくか。

問い合わせを増やすというゴールから逆算して、

自社ならではの訴求ができるコンテンツをつくることは、

単にサイト制作を発注するというよりももっと手前の

自社のビジネス戦略の部分から一緒に走っていく必要があります。

Web365では、提案力と技術力で成果をあげることにコミットします。

以上です。

Webの代行依頼を検討している方におすすめ記事

【解説】Web担当はどこまで制作から運用の代行サポートをしてくれるの?

集客に強いWebサイト運用代行のメリットと費用【徹底解説】






Web担当者として月額サポートします。

Web365は貴社のWeb担当者として、制作改善運用をワンストップ定額サポートしています

・成果にこだわるサイト制作改善をお望みの方
・良いweb制作会社、コンサル会社がいないとお困りの方
・分析から改善運用まで一括で依頼したい方


是非Web365までご相談ください。






Web制作+Webマーケティングの個別講座開講中

Web365はWeb担当者のスキルセットである
サイトを変更する「提案力」と「技術力」について個別指導しております


・Webで集客するための「考え方」を知りたい方
・サイトの制作改善のセオリーを知りたい方
・自身のサイトでケーススタディをしたい方
・サイトの制作改善の「技術的なスキル」を習得したい方
・分析から改善運用まで自身でしたい方


どうぞWeb365の個別講座をご覧ください。

WEB担当・集客事例

執筆者:

関連記事

【解説】外注Web担当が集客戦略をたてるとしたら?その一例をご紹介します

Web担当としてクライアントさんのサポートをした場合に、まず、集客草案を提出し施策のリストアップなどを話し合います。 どのような流れで集客を考えているのか。その一例をご紹介します。 この記事でわかるこ …

【提案事例】実店舗ローカルビジネスのWebサイトとSNSの設計一案

【5分で読めます】 実店舗オープン準備中の方より、Web作成の予算があまりかけられない、できれば無料ツール活用、日々の更新はSNS、中期的にはECを自サイトで展開したいというご相談。 実店舗だとこの要 …

マルチタスクの失念対策「成果をあげるタスク・予定のたて方」

クライアントサイトの成果をあげることをミッションとしているWeb365は、タスクスケジュールから、1日のカレンダースケジュールまで落とし込むときにも成果を意識するような予定の作り方をしているので、共有 …

【解説】売上規模0から数十万円のECサイトを制作するときの考え方とサービス比較

【5分で読めます】 クライアント事例として、ECサイト(eコマース、つまりオンラインショップ)を新規作成したいときに、「なにで、どう作ればよいか?」ついての全体感と直近サービス列挙から提案事例を解説し …

【徹底解説】WEB担当を外注するときに考えたい2つのポイント

WEB担当を外注するかどうかを検討している方に実際にWeb担当をクライアントワークしている当方がそのメリットや考え方について解説します。 ※メモ書きです、おってもう少し詳しく書きます。   この記事で …

【提案】不動産SEO、差別化が難しいマッチングサイトのSEO対策やWeb戦略

不動産など差別化が難しいマッチングサイトのSEO対策やWeb戦略のご相談を受けたので、考えた方を共有します。 この記事でわかること不動産など差別化が難しいマッチングサイトWEBからの集客について具体的 …

【徹底解説】Web製作を依頼するときに制作スピードがどのくらいか確認する質問例

Web製作のフリーランスの仕事の速さについてあった問合せがあったので、そのときの参考回答をご紹介します。 Web365とは Web365は、外部Web担当者として、クライアントのWebサイトの集客力を …