WEB担当・集客事例

【事例】ダウンロード資料の実装でお問い合わせ前年月比2倍達成

投稿日:

あるクライアント事例で、ダウンロード資料の実装をしたところ、お問い合わせが前年月比2倍を達成しました。

B2Bのビジネスモデルの場合、お問い合わせを増やすことがWeb施策のゴールでもあります。

ダウンロード資料を設けることで、気軽に情報収集できるメリットなどをユーザーに提供でき、問い合わせハードルが下がる効果があります。

ダウンロード資料の実装について解説します。

Web担当したクライアント、B2B

今回事例は、B2Bの法人向けのサービスを提供している企業です。

お問い合わせを増やすことをゴールとし、Web改善のひとつとして、ダウンロード資料を実装しました。

下記はイメージ画像です。

設置場所は、

  • メニュー部分
  • ページ最下部のフッター部分

お問い合わせボタンの横に資料DLボタンを実装してます。

ダウンロード資料実装_メニューのイメージ図

資料DL実装01

ダウンロード資料実装_フッター部分のイメージ図

資料DL実装

お問い合わせを増やす施策の選定背景

まず、一般的なWeb施策において、お問い合わせの層は3つに分けることができます。

  1. 顕在層顧客
  2. 顕在層一般
  3. 潜在層一般

1の顕在層顧客は、購入意思が高く、自社を選定リストにいれている層です。

2の顕在層一般は、購入意思がそこそこあり、自社を選定リストにいれるかどうか、今回はじめて知るような層です。

3顕在層一般は、購入意思は低く、商品、業界、提供企業をまずは把握したい層です。

ダウンロード資料の目的は、顕在層一般と潜在層一般のセグメントへの訴求

今回事例の背景では、ダウンロード資料を「顕在層一般」と「潜在層一般」のセグメントへの訴求を目的にしました。

つまり、訴求するセグメントを広げるイメージです。

この層に対して、既存の問い合わせの誘導は、ややハードルが高いと仮説をたてました。

  • 情報は知りたい
  • 営業されたりするのはまだ早い

などという層のニーズに対して、適切な提供物として資料をダウンロードできるというのは、問い合わせハードルを下げる効果があります。

ダウンロード資料実装のメリットとデメリット

メリットは

  • セグメントに適したゴール設定で問い合わせが増える
  • ユーザーの問い合わせハードルをさげる
  • 資料でしっかり説明、競合比較を提示できる

デメリットは

  • 購入意思の高い層が、ダウンロード資料に流れる可能性がある
  • 購入意思の低い層の、問い合わせも増える可能性がある

デメリットの対応策

上記、デメリットの対応策としては、

  • 資料を競合比較優位になるところまで作り込む
  • ダウンロードのフォームに企業情報項目を設置する
  • フォーム内に入力任意のメッセージ項目を設け、相談したい層には気軽に相談できるような導線にする

です。

ダウンロード資料の実装後の成果 前年月比2倍

実装当月では結果的に前年月比2倍の問い合わせを達成しました。

上記のデメリットの対応策でも挙げましたように、

  1. ダウンロードのフォームに企業情報項目を設置する
  2. フォーム内に入力任意のメッセージ項目を設け、相談したい層には気軽に相談できるような導線にする

の部分ですが、

特に2の項目において、入力は任意ですが、計測時点で相談内容を入力してる企業が100%と相談したい層の問い合わせ自体を増やせていると判断しています。

    問い合わせを増やしたいなら、問い合わせハードルの調整が大切

    問い合わせを増やすためには下記の視点が大切です。

    • 訴求したいセグメントを選定
    • セグメントニーズに見合った提供物
    • 訴求したいセグメントへの適切な導線設計

    で問い合わせのハードルを調整してくことが重要です。

    以上、ダウンロード資料の実装の事例でした。

    最後に

    Web365では、Webサイトを分析し、成果の出そうな施策をもとに、制作改善から運用の代行サポートをしています。

    クライアントさんの予算や組織内リソースはある程度決まっていきます。

    成果は出る可能性が高いけれども、設定した予算でそこまで作業量を増やせない、もしくは組織内リソースが配分できないという制限も存在はします。

    その制限内で最大限の成果を目指すことの難しさと面白さを感じる仕事です。

    クライアントさんが求めている成果を出すことで、予算やリソースを増やしてもらい、さらに施策実行に投下していく。

    そしてより大きな成果にしていくサイクルができると良いなと考えております。

    以上です。






    Web制作+Webマーケティングの個別講座開講中

    Web365はWeb担当者のスキルセットである
    サイトを変更する「提案力」と「技術力」について個別指導しております


    ・Webで集客するための「考え方」を知りたい方
    ・サイトの制作改善のセオリーを知りたい方
    ・自身のサイトでケーススタディをしたい方
    ・サイトの制作改善の「技術的なスキル」を習得したい方
    ・分析から改善運用まで自身でしたい方


    どうぞWeb365の「自社のWebサイトを自身で作りたい、改善したい人のオーダーメイド個別講座」をご覧ください。






    外注のWeb担当者として「制作」と「マーケティング」で単発/継続でサポートします。

    Web365は貴社のWeb担当者として、制作改善運用をワンストップサポートしています

    ・成果にこだわるサイト制作改善をお望みの方
    ・良いweb制作会社、コンサル会社がいないとお困りの方
    ・分析から改善運用まで一括で依頼したい方


    是非Web365までご相談ください。

    WEB担当・集客事例

    執筆者:

    関連記事

    マルチタスクの失念対策「成果をあげるタスク・予定のたて方」

    クライアントサイトの成果をあげることをミッションとしているWeb365は、タスクスケジュールから、1日のカレンダースケジュールまで落とし込むときにも成果を意識するような予定の作り方をしているので、共有 …

    【事例】Webサイトの保守運用を外注依頼すると何をしてくれるのか?

    Webサイトを制作業者に依頼し納品後に発生する「保守運用・セキュリティ」の業務。 あれは実際何をしてくれるのか。 Web365の場合で事例解説します。 Web365とは Web365は、外部Web担当 …

    【解説】外注Web担当が集客戦略をたてるとしたら?その一例をご紹介します

    Web担当としてクライアントさんのサポートをした場合に、まず、集客草案を提出し施策のリストアップなどを話し合います。 どのような流れで集客を考えているのか。その一例をご紹介します。 この記事でわかるこ …

    集客に強いWebサイト運用代行のメリットと費用【徹底解説】

    WEBサイトの運用代行を外注するかどうかを検討している方に実際にWeb担当をクライアントワークしている当方がそのメリットや考え方について解説します。 ※まだ当記事は、メモ書きですので、おってもう少し詳 …

    【解説】売上規模0から数十万円のECサイトを制作するときの考え方とサービス比較

    【5分で読めます】 クライアント事例として、ECサイト(eコマース、つまりオンラインショップ)を新規作成したいときに、「なにで、どう作ればよいか?」ついての全体感と直近サービス列挙から提案事例を解説し …

    【事例】Web担当3ヶ月、コンバージョン率2.17倍達成

    Web担当3、4ヶ月の案件の成果報告をしました。 リスティング広告からサイト流入したユーザーの問い合わせ、つまりコンバージョン率が、Web改善をはじめた1ヶ月目と比較して2.17倍の成果をあげました。 …

    【事例】MEO対策、Googleマイビジネス(ビジネスプロフィール)登録で集客期待値が6倍増達成の事例

    地域性の強いビジネスでのサイト集客改善のまず必須施策としてGoogleマイビジネスへの登録をあげます。 Googleマイビジネスとは、検索すると地図で自店舗が掲載される施策です。 ※Googleマイビ …