WEB担当ツール WEB担当・集客事例 WordPressでホームページを作るには

【事例】Webサイトの保守運用を外注依頼すると何をしてくれるのか?

投稿日:

Webサイトを制作業者に依頼し納品後に発生する「保守運用・セキュリティ」の業務。

あれは実際何をしてくれるのか。

Web365の場合で事例解説します。

 

保守運用の大きなタスクは3つ

Webサイトの保守運用の大きなタスクは3つです。

  1. バージョン更新
  2. 不具合対応
  3. セキュリティ強化

1.バージョン更新のメリットとデメリット

【メリット】

プログラミング言語、WordPress、テーマ、プラグインなど各バージョンを更新することのメリットは、

  • 古いバージョンへの不正アタックを防ぐ
  • 新機能など利便性向上

です。

【デメリット】

しかし、最新バージョンにすぐに更新すると、そのバージョン自体の不具合や既存サイトとの相性など新しい不具合もあるので、少し時間をおいてからの更新がおすすめです。

2.不具合対応について

不具合対応は、下記事例で紹介しますが、WebサイトのSNSを連携してSNSの投稿を表示させるプラグインがあるとします。

SNS側でもアップデートがあるので、バージョンの更新以外にもプラグインのメンテンナスをする必要があります。

当方では、保守運用は不具合対応もしております。

3.セキュリティ強化のメリットとデメリット

【メリット】

より安全になることです。

【デメリット】

セキュリティレベルをあげることで、パスワードの複雑さや、チェック項目が増える、作業環境が制限される、など作業工数が若干ですが増えます。

ただ、若干のレベルですので、セキュリティレベルがあがることのメリットしかないと考えても良いです。

保守運用事例 Webメディア

  • クライアントさんWebメディアをWordPressで制作
  • WordPressの外観は有料テーマを活用

保守業務の詳細

【費用】

月額 1万円 (税抜)


【保守内容】

バージョン更新と不具合発生時の対応

各バージョン更新はセキュリティや運用面で定期更新したほうが良いです。

バージョン更新と更新時に各種のバージョンが競合し生じる不具合の対応をします。

  • php(プログラミング言語のバージョン)
  • Word Press(Word Press自体のバージョン)
  • テーマ(WordPressテーマのバージョン)
  • プラグイン(各プラグインのバージョン)

各データのバックアップと復元対応

  • 各データのバックアップはプラグインで週次自動取得
  • Webサイトになにかしらの不具合があったときのバックアップからの復元対応

【月次報告】

月次で当月にどのような保守運用タスクをしたかを共有

実際に保守運用した3ヶ月分のタスク

では、実際どのような保守運用タスクをしていたか。3ヶ月分のタスクを共有します。

保守運用1ヶ月目

まずは、WordPressの多様な機能をインストールできる「プラグイン」の追加と整理をしました。

■プラグインのバージョン更新

  • セキュリテイプラグイン「BackWPup」の導入

    各データの定期バックアップを保存してくれるプラグインの追加

  • 使用プラグインの更新

    プラグインのバージョンの更新

  • 使用していないプラグインの破棄

    使用しないプラグインは破棄することで古いバージョンのプラグインをなくします。

■セキュリティ施策

  • ログインURLの変更

    不正ログイン対策で、デフォルトURLからの変更

保守運用2ヶ月目

■プラグインのバージョン更新

  • All In One SEO Pack
  • Smash Balloon Instagram Feed

■セキュリティ施策

  • Word Pressバージョンの外部閲覧時の非表示
  • CSSやJSのファイルデータ、プラグインのバージョンの 外部閲覧時の 非表示

※バージョンが古いなど脆弱性を確認して攻められるリスクへの対応です。

保守運用3ヶ月目

■WordPressテーマの更新

■プラグイン更新

  • Smash Balloon Instagram Feed
  • Shortcodes Ultimate
  • Contact Form 7
  • BackWPup
  • Akismet Anti-Spam (アンチスパム)


■Instagram表示の不具合

Instagramを表示させるプラグイン「Smash Balloon Instagram Feed」とInstagramアカウントの連携が切れていたのでつなぎ直しました。


※SNS系プラグインはアップデート、セキュリティ等で切れることあり、更新適宜対応します。


■セキュリティ施策

  • wp-config.phpへの外部アクセスを制限

外部アクセスされたくないページのひとつである「wp-config.php」の制限の設定対応です。

セキュリティ強化の施策は何をするのか?

当方では、下記記事に列挙した59ほどのセキュリティチェックの項目から順次対応していきます。

当記事では、自サイトのセキュリティレベルのチェック方法や情報ソースなども紹介しているので、ご活用ください。

 【完全網羅】Word Pressの保守運用・セキュリティ59の対策一覧

まとめ

Webサイトは更新管理が欠かせません。

保守運用業者には、何をしてくれるのかを把握して依頼しましょう。

以上です。ご活用ください。

上記のように、保守運用業務だけでなく、集客逆算したWeb改善を主としたWeb担当もしております。

「自社のWebまわりを全般的に改善はかりたい。けれど担当がいない…」

そんな場合は、お気軽にご相談ください。

 






Web担当者として月額サポートします。

Web365は貴社のWeb担当者として、制作改善運用をワンストップ定額サポートしています

・成果にこだわるサイト制作改善をお望みの方
・良いweb制作会社、コンサル会社がいないとお困りの方
・分析から改善運用まで一括で依頼したい方


是非Web365までご相談ください。






Web制作+Webマーケティングの個別講座開講中

Web365はWeb担当者のスキルセットである
サイトを変更する「提案力」と「技術力」について個別指導しております


・Webで集客するための「考え方」を知りたい方
・サイトの制作改善のセオリーを知りたい方
・自身のサイトでケーススタディをしたい方
・サイトの制作改善の「技術的なスキル」を習得したい方
・分析から改善運用まで自身でしたい方


どうぞWeb365の個別講座をご覧ください。

WEB担当ツール, WEB担当・集客事例, WordPressでホームページを作るには

執筆者:

関連記事

文字起こしは音声データを口頭でGoogleドキュメントに音声入力するがなんだかんだ一番かもです

文字起こしは音声データを口頭でGoogleドキュメントに音声入力するがなんだかんだ一番かもです。 クライアントさんの話を聞き書きし、記事化する業務をしています。 その際に、音声データを文字起こしする必 …

fontAwesomeが表示されない対処方法はフォントファミリーに設定すること

このサイトなのですが、fontAwesomeという、外部サイトの情報から矢印やメール電話などアイコンを表示してくれるCSSを連携しています。初期設定やバージョン更新でよくあるのですが、そのアイコンが表 …

WordPressの企業サイト事例

WordPressの企業サイト事例とテーマ選【徹底解説】

  【5分で読めます】 WordPressで企業サイト構築の検討に役立つ記事です。 WordPressで企業サイトを構築するメリット・デメリットやWordPressの企業サイトに向いてるか判 …

【簡単】サイトマップを自作するときのリンク抽出ツールの紹介

サイトマップを自作するときに、リンクをひとつひとつコピペするのは大変です。抽出ツールをいくつか探してみて、おすすめを紹介します。 まず、ここでのサイトマップの定義は、サイトのページのタイトルとリンクを …

自分のWEBサイトを自分自身で作りたい人のオーダーメイド個別講座、開講。

­カリキュラム オーダーメイド講座は、 ご都合のよい日時を相談して受講できます ビデオ、チャットによる受講も可能です。 あなたの状況に合わせて、 オリジナルレッスンでサイトを 完成・改善させていく講座 …

検索上位へのSEO対策、画像にテキストは出来るだけいれないようにしよう

SEOを意識したサイト作りをする際に、画像とテキストは出来るだけ分けたほうがいいです。検索ロボットがテキストを認識して検索順位を決めるので、画像だと埋もれるからです。 今回は具体例と一般的な方法を解説 …

SEO対策の記事を無料ツールを使って4ステップでつくる方法

SEOを意識したサイト作りをする際に、ページや記事を作成する必要があります。Googleなどの無料ツールを活用しながらSEOに合った記事構成案までつくる方法を解説します。 ※メモ書きです。後日詳細を追 …

^
;