WordPressでホームページを作るには

【完全網羅】Word Pressの保守運用・セキュリティ59の対策一覧

投稿日:2020年1月29日 更新日:

Word Pressのセキュリティ対策の一覧と情報収集ソースを59ほどリストアップしました。自身のサイトのセキュリティ対策にご活用ください。

※メモ書きなので、後日詳細解説を更新します。

WordPressのセキュリティ診断方法

  • WPScans.com
    ウェブサイト上でWordPressのセキュリティ診断をしてくれる英語表記サービス
  • Wordfence Security
    プラグイン、ワンクリックで脆弱性の有無をチェックすることができます。
  • WPdoctor
    ウェブサイト上でWordPressのセキュリティ診断をしてくれる日本語対応サービス

セキュリティ対策

サイトURL対策 

  • 通信データを守るSSL

テーマやプラグインの選び方と編集

  • テーマやプラグインは公式から公開されているものを使う
  • むやみにテーマを編集しない

サーバーパスワード・ログインパスワードの徹底管理

  • 初期IDユーザー名は使わない
  • 複雑なIDユーザー名を利用する
  • 初期パスワードから変更する
  • 複雑なパスワードを利用する
  • パスワードは使い回ししない
  • パスワード管理ツールをつかう
  • 共有方法も2段階認証などセキュリティ度の高いツールを使う
  • 管理者権限のアカウントの数を最小限にする

テーマとプラグインは随時更新

  • マイナーアップデートは随時
  • メジャーアップデートは少し様子をみてから更新
  • 更新前にはバックアップをとる
  • 使用していないプラグインは削除する
  • wp-comments-post.phpへのアクセスを制限する
  • XML-RPCを無効にする
  • REST APIを無効にする

不正ログイン対策

  •  ログインURLの変更
  •  wp-login.phpへのBasic認証を設置する
  •  管理画面のIP制限
  •  管理画面内での操作を制限する
  •  認証用ユニークキーを設定する
  •  ログイン履歴を確認する

バージョン番号を非表示

  • Word Pressバージョンの外部閲覧時の非表示
  • CSSやJSのファイルデータ、プラグインのバージョンの外部閲覧時の非表示


当施策はバージョン更新が滞っている古い状態や脆弱性があるとされているバージョンを確認して攻められるリスクへのセキュリティ対応です。

下記は、WordPressのバージョン情報「ver=」非表示させるコードです。

 

function vc_remove_wp_ver_css_js( $src ) {
if ( strpos( $src, 'ver=' . get_bloginfo( 'version' ) ) )
$src = remove_query_arg( 'ver', $src );
return $src;
}
add_filter( 'style_loader_src', 'vc_remove_wp_ver_css_js', 9999 );
add_filter( 'script_loader_src', 'vc_remove_wp_ver_css_js', 9999 );

下記は、CSSやJSのバージョン情報「ver=」非表示させるコードです。

function remove_cssjs_ver2( $src ) {
if ( strpos( $src, 'ver=' ) )
$src = remove_query_arg( 'ver', $src );
return $src;
}
add_filter( 'style_loader_src', 'remove_cssjs_ver2', 9999 );
add_filter( 'script_loader_src', 'remove_cssjs_ver2', 9999 );

設定ファイル、ディレクトリを守る

  • wp-config.phpへのアクセスを制限する

    wp-config.phpには、データベースへの接続情報などが含まれています。

    外部からアクセスを禁止することでデータベースの改ざん対策ができます。

    ただ、対応優先度は高くないです。実はアクセスしてもブラウザからはデータベースの情報は閲覧できないです。「やらないよりはやったほうがよい」程度の優先度で、時間に余裕があり、念の為に設定で良いです。


    対応方法は、wp-config.php のアクセスの設定を変更して、外部閲覧者からは403エラーが返る対応です。

    ただ、利用しているサーバーによっては、すでに403エラーが返されますのでアクセステストしてみてから対応で良いです。


    .htaccess ファイルの最後部に、以下のコードを追記してください。

    <files wp-config.php>

    order allow,deny

    deny from all

    </files>


    さらに余裕があれば、管理権原者のみアクセスできるようパーミッションを「400」(管理者のみ読み取りの権限)に変更しておきましょう。


  •  uploadsディレクトリでのphpの実行を制限する

    wp-content/uploads内の画像アップロード時に、画像ファイルの説明欄にマルウェアスクリプト等が仕込まれている画像のアップロードを阻止します。不正ログイン者によるアップロード、フリー画像に仕込まれていたアップロードのセキュリティ対策です。

    wp-content/uploads内に、以下の記述をした.htaccessを新規作成し、アップロードしてください。

    ※WordPress直下の.htaccessではないです。ここに追記すると、管理画面にログインできなくなります。


    # wp-content/uploadsでのPHPの実行を制限
    <files *.php>
    deny from all
    </Files>



  •  ディレクトリアクセス時のファイル一覧表示を無効にする

サーバー対策 

  • WAFのONに設定する

 

データベースのセキュリティ

  • データベーステーブル接頭辞の初期から変更
  • データベースのバックアップ

セキュリティ対策プラグイン

  • SiteGuard WP Plugin
  • All in one WP Security & Firewall
  • Wordfence Security - Firewall & Malware Scan
  • Backup Guard
  • IP Geo Block
  • Akismet
  • WP Security Audit Log

バックアップについて

バックアップすべきもの

  • データベースのバックアップ
  • テーマファイルのバックアップ
  • アップロード済みファイルのバックアップ

バックアップの取り方

  • FTPでファイルを全部ダウンロード
  • バックアッププラグイン
  • サーバーのバックアップ機能

バックアップを取ったら

  • テストサーバーで復元の練習
  • UpdraftPlusでのサイトの復元

セキュリティ情報収集のためのソース紹介

以上です。ご活用ください。






Web担当者として月額サポートします。

Web365は貴社のWeb担当者として、制作改善運用をワンストップ定額サポートしています

・成果にこだわるサイト制作改善をお望みの方
・良いweb制作会社、コンサル会社がいないとお困りの方
・分析から改善運用まで一括で依頼したい方


是非Web365までご相談ください。






Web制作+Webマーケティングの個別講座開講中

Web365はWeb担当者のスキルセットである
サイトを変更する「提案力」と「技術力」について個別指導しております


・Webで集客するための「考え方」を知りたい方
・サイトの制作改善のセオリーを知りたい方
・自身のサイトでケーススタディをしたい方
・サイトの制作改善の「技術的なスキル」を習得したい方
・分析から改善運用まで自身でしたい方


どうぞWeb365の個別講座をご覧ください。

WordPressでホームページを作るには

執筆者:

関連記事

WordPressで特定カテゴリーのみ一覧から非表示にする方法

WordPressで特定カテゴリーのみ一覧から非表示にする方法を解説します。 Web365とは Web365は、外部Web担当者として、クライアントのWebサイトの集客力を高める施策を運用代行していま …

CF7 Google Sheets Connectorが転記できないときの対応方法

CF7 Google Sheets Connectorが転記できないときの対応方法

CF7 Google Sheets Connectorが転記できないときの対応方法です。 クライアントサイトで使用してるのですが、2020年2月で転記してくれなくなったので、対応した方法をまを解説しま …

【完全網羅】WordPressの費用は?ホームページ作成運用の料金相場まとめ

企業でコーポレートサイトとしてWordPressを採用する際、費用はいくらかかるのか?相場やサービス別など網羅的にまとめました。 この記事読了後は、WordPressでの費用感が理解でき、収支計算の参 …

【解説】Webサイトをリニューアルする前にサイト改善運用をすすめる理由

自社Webサイトのリニューアルを検討されている方にはまず既存サイトのブラッシュアップ、つまり改善運用をおすすめしてます。それはなぜだと思いますか? ただリニューアルをしても数値は改善しないことや、制作 …

検索上位へのSEO対策、記事をGoogleサーチコンソールにフェッチしよう

サイトを検索上位に上げたいときのSEO対策です。 まずは、書いた記事を公開したらGoogleサーチコンソールにフェッチしましょう。 その理由と方法を解説します。   Googleサーチコンソ …

スマホページで最下部にお知らせなどを固定表示させる方法【コピペ対応】

­スマホでサイトを閲覧すると出てくる、最下部の案内を自サイトで表示させたいときの方法です。 クライアントサイトでのケース、WordPressのテーマOnepress使用の場合の方法を解説します。 st …

【事例】Webサイトの保守運用を外注依頼すると何をしてくれるのか?

Webサイトを制作業者に依頼し納品後に発生する「保守運用・セキュリティ」の業務。 あれは実際何をしてくれるのか。 Web365の場合で事例解説します。   保守運用の大きなタスクは3つ Webサイトの …

^
;