WEB担当・集客事例

【事例】Web担当、改善着手5ヶ月、問合せ数、前年期間比4倍達成

投稿日:2021年3月1日 更新日:

Web担当としてWeb改善着手後5ヶ月の案件の成果報告として、問合せ数前年期間比4倍達成をしました。

  • Webページの改善計画の設計
  • 具体的なページ構成

など少し触れて解説します。

Webサイトは数カ所改善するだけでも成果に反映されます。

少し具体的な施策や課題など振り返りたいと思います。

※個別情報のため、差し支えない範囲での解説となります。

Web担当したクライアント、B2Bビジネス

B2Bで法人への研修サービス提供をしている業界です。

Webサイトからの問い合わせを増やすことを目的に、当方がWeb担当に就きました。

Web365について詳しく知りたい方は「Web365とは」ご覧ください。

お問合せ数を前年期間比4倍達成の算定方法

今回のお問合せ数、前年期間比4倍は、

前年(2019年8月-12月)のお問合せ数の合計と、担当開始年(2020年8月-12月)のお問合せ数を、

割り算で比較計算した結果、

前年期間比4倍という数値です。

具体的な数値は控えますが、

改善3ヶ月間での前年期間比は4倍、

改善5ヶ月間での前年期間比も4倍、

となっております。

ページ改善による、サイト全体の流入数も増加しましたので、参考画像を掲載します。

研修商材1ページごとの数値変化は、PV数で3-9倍増で変化しております。

Web担当として実行した成果増施策

今回のクライアントさんでのWeb担当として、成果増のためにした施策のいくつかをご紹介します。()内はなんのために行っているかの目的です。

  • Googleアナリティクスの計測設定(分析)
  • 競合調査(分析)
  • SEO対策、商材関連の検索語句のリストアップ(流入増)
  • トップページで訴求から問い合わせまで完結できるページ改善(問い合わせ増)
  • 下層ページの構成や情報の整理(流入増、問い合わせ増)

Webから流入増対策は相対的優位を見つけることが大事

今回事例のように、

商材に関連する競合調査をまずすることで、

  • Webからの流入の全体ボリューム
  • 競合のWebへの力の入れ具合
  • 相対的優位性のあるポイント

などを把握発見することが出来ます。

今回の研修系の業界については、Web施策にそこまで力をいれている競合がいない、という調査結果でした。

その場合、やることはシンプルです。

自社サイトでの商材に関する情報を、「質量」ともに適切に掲載する。

を基本方針に、順次改善していくことで、

  • 検索順位への上位掲載
  • ページ情報の改善による問い合わせ増

という成果を目指せます。

これは基本的なWeb対策ですが、競合のWebへの力の入れ具合で相対的にリソース量が変化します。

Webから流入増対策は相対的優位を見つけることが大事です。

今回事例でいうと、あるアイテムページ(ある研修カリキュラムの紹介ページ)を1ページしっかり作り込むだけで、その商材の検索流入とお問合せの両方の数値効果がすぐに出始めました。

ページ改善の基本構成は

ビジネス向けの商材紹介ページの改善において提案する基本構成は

  • 課題提示
  • 解決案提示
  • 理由
  • 事例実績

です。

ポイントは、ユーザー課題を自社商材で解決できることを丁寧に伝えることです。

今回ですと、研修紹介ページですので、事例実績に受講者の声などを盛り込んだり、見積もり計算など具体的な検討イメージが想起できる構成にしております。

詳しくは、下記記事、

自社サイトでの商材ページの改善は下記の記事を参考にしてください。

【簡単】商材ページ、13のポイントを意識して簡単につくる方法

Webサイトのなにを改善すればいいか分からないとき
【徹底解説】Webサイト改善の27の王道メソッド

Web戦略の策定は5ステップ

Webは競合の状況により施策の種類やその質量が変わります。調査すると、競合が案外弱いのでチャンスということもあります。

また、反対に競合が強い場合は、闇雲に改善をはかっても成果がなかなか出ないケースもあるので、より精緻な計画作成が重要です。

Web戦略の策定は5ステップです。

  1. 現状把握
  2. 自社のビジネスについて言語化
  3. 競合調査により相対的に自社の位置をはかる
  4. 2と3をもとにしたWeb改善案の策定
  5. Webサイトへの実装

の手順にそって、進めることが大事です。

特に、ステップ2の部分は、自社内で言語化できていないことがでWebサイトも訴求力の弱いサイトとなっていることがほとんどです。

今回事例のように、ステップ3の競合調査により、

  • 相対的に自社の位置をはかる
  • 質量どのくらいのリソースをかけて対策するか計画

ができ、効率的な改善計画が策定できます。

Web制作では、ビジネス戦略の部分から一緒に走っていくことが大切

Web365では、Webサイトを分析し、成果が出やすい施策をもとに、制作改善から運用の代行サポートをしています。

どんなWebサイトにしていくか。

問い合わせを増やすというゴールから逆算して、

自社ならではの訴求ができるコンテンツをつくることは、

単にサイト制作を発注するというよりももっと手前の

自社のビジネス戦略の部分から一緒に走っていく必要があります。

Web365では、提案力と技術力で成果をあげることにコミットします。

以上です。

Webの代行依頼を検討している方におすすめ記事

【解説】Web担当はどこまで制作から運用の代行サポートをしてくれるの?

集客に強いWebサイト運用代行のメリットと費用【徹底解説】






Web担当者として月額サポートします。

Web365は貴社のWeb担当者として、制作改善運用をワンストップ定額サポートしています

・成果にこだわるサイト制作改善をお望みの方
・良いweb制作会社、コンサル会社がいないとお困りの方
・分析から改善運用まで一括で依頼したい方


是非Web365までご相談ください。






Web制作+Webマーケティングの個別講座開講中

Web365はWeb担当者のスキルセットである
サイトを変更する「提案力」と「技術力」について個別指導しております


・Webで集客するための「考え方」を知りたい方
・サイトの制作改善のセオリーを知りたい方
・自身のサイトでケーススタディをしたい方
・サイトの制作改善の「技術的なスキル」を習得したい方
・分析から改善運用まで自身でしたい方


どうぞWeb365の個別講座をご覧ください。

WEB担当・集客事例

執筆者:

関連記事

【解説】売上規模0から数十万円のECサイトを制作するときの考え方とサービス比較

【5分で読めます】 クライアント事例として、ECサイト(eコマース、つまりオンラインショップ)を新規作成したいときに、「なにで、どう作ればよいか?」ついての全体感と直近サービス列挙から提案事例を解説し …

webサイトの問合せを増やすためのサイト運用方法の解説

【資料配布】Webサイトの問合せを増やすための運用・改善方法の解説

【5分で読めます】 自身のビジネス用のWebサイトを作る上での最終的な目標は、2つ、 問い合わせを増や 購入を増やす がゴールではないでしょうか。 最終的なゴールの数字を増やす上でサイトを、下記の2つ …

【提案】地域性の強いビジネスでのWEB集客案を考えてみました

地域性の強いビジネスでのサイト集客改善のご相談を受けたので、考えた方を共有します。 結論としては、下記です。 Google広告で集客する MEO対策 SEO対策 ランディングページ作成 サイトリニュー …

【解説】外注Web担当が集客戦略をたてるとしたら?その一例をご紹介します

Web担当としてクライアントさんのサポートをした場合に、まず、集客草案を提出し施策のリストアップなどを話し合います。 どのような流れで集客を考えているのか。その一例をご紹介します。 現状把握 まず、ク …

【解説】EC機能内製化の検討例と7.27%のコストカット試算事例

クライアント事例として、自サイトでEC機能(eコマース、つまりオンラインショップ)内製したいときのリニューアル検討についての調査と意思決定についての流れを解説します。 Web365とは Web365は …

【事例】Webサイトの保守運用を外注依頼すると何をしてくれるのか?

Webサイトを制作業者に依頼し納品後に発生する「保守運用・セキュリティ」の業務。 あれは実際何をしてくれるのか。 Web365の場合で事例解説します。 Web365とは Web365は、外部Web担当 …

【提案】支店や事業部単位でWeb改善をはかりたいときのWeb戦略

支店や事業部単位でWeb改善をはかりたいときのWeb戦略のご相談を受けたので、考えた方を共有します。 自社サイト内で改善か新規作成か? この場合、部分最適での改善ですので、Web改善にあたり、まず下記 …