WEB担当・集客事例 マーケティング

【事例】WebページのSEO改善、ビッグワード検索順位を1位に上げた方法

投稿日:2021年10月11日 更新日:

Web担当の案件のSEO対策(Web検索からの流入増)の成果事例の紹介です。

あるWebサイトの1ページが狙っていた検索ワードの検索順位が改善後、ビッグワード(単語1つ)で検索順位1位に上がりました。

Webサイトは数カ所改善するだけでも成果に反映されます。

少し具体的な施策や課題など振り返りたいと思います。

※個別情報のため、差し支えない範囲での解説となります。

Web担当したクライアント、B2Bビジネス

B2Bで法人へのサービス提供をしている業界です。商材は製品サービスなどです。

Webサイトからの問い合わせを増やすことを目的に、当方がWeb担当に就きました。

Web検索順位の測定方法の方法

今回のWeb検索順位の測定方法の方法は、

Google検索での、ある検索WordによるWebサイトの順位の経過を測定しています。

測定ツールは検索順位チェックツールGRC というものです。

(無料体験あり、有料ですと年間4,000円前後から利用できます)

Web担当者がSEO対策などで、検索順位を調べるときに使っているツール「GRC」

検索の推移の画像です。

検索順位1位の推移例

2020年8月よりページ改善を実施し、2020年12月の測定で、検索順位が5位になりました。

そして、2021年7月の測定で検索順位が1位になりました。

検索順位上位になるこでの実際の成果として、

  • 問い合わせ数の増加
  • 問い合わせ、商談に「Webサイトをみて、問い合わせ」

などWebサイトを拝見した方の問い合わせが増えていることが営業担当者様よりいただいております。

SEO対策は問い合わせ数の増加など目に見える成果に対しては長い目で進めていく施策です。

ただ、小さな成果を確認していきながら微修正をかけて進めていくものでもあります。

当事例の場合、改善後、確実に成果が出始めています。

SEO対策したページと施策項目

今回事例のSEO対策したページと検索語句、施策項目ご紹介します。

改善対象ページ: 料金ページ
検索ワード  : 「商材名」
※商材名は、企業特有でなく、一般的な名称、たとえば「目覚まし時計」などことです。

上記ページと検索語句での改善施策としては、

  • タイトルにキーワードが含める
  • タイトルでベネフィットが伝える
  • タイトルは32文字以内になっている
  • タイトルに数字が含める
  • タイトルに簡便性が含まれている
  • メタディスクリプションを入力している
  • 本文の見だしタグを改善する
  • 書き出しで問題提起を提示する(ユーザーの課題感の提示)
  • 書き出しで解決策を提示する(商材の強みなど解決策提示)
  • 解決策の根拠を提示する(商材の背景や競合他社比較など根拠提示)
  • どんな業界、シーンで活用できるかの対象事例を提示する
  • これまでの営業履歴からQAを提示

商材ページを掲載するなら、しっかり作り込むと検索流入への効果の期待値を上げやすい

今回事例のように、

商材ページは課題感を感じているひと向けに需要の高いページなので、掲載するならしっかり作り込むと検索流入への効果の期待値が高いので、優先度高く改善するのは一案です。

その場合、この商材の課題解決を意識して、ユーザーがどんな課題感で検索をするかなど、イメージして、本文を作成していくとよいです。

商材ページの改善の参考

【簡単】商材ページ、13のポイントを意識して簡単につくる方法

SEO改善記事

SEO対策の記事を無料ツールを使って4ステップでつくる方法

Webサイトのなにを改善すればいいか分からないとき
【徹底解説】Webサイト改善の27の王道メソッド

ユーザーの検討項目を想像して提案することがページ改善

SEO施策は細かいテクニックもありますが、一言でいうと、

ユーザーの課題を解決する質量の高いコンテンツ

を作ることを意識し実行するだけで十分です。

結果が少し出始めてきたら、さらにブラッシュアップしていく。

この流れをルーティン化していく体制がとれると良いです。

Webサイトは、自社商材をとことん言語化して訴求することが大切

Web365では、Webサイトを分析し、成果が出やすい施策をもとに、制作改善から運用の代行サポートをしています。

どんなWebサイトに、どんなページにしていくか。

問い合わせを増やすというゴールから逆算して、

自社ならではの訴求ができるコンテンツをつくることは、

自社商材をとことん言語化できなければなりません。

Web365では、自社商材の言語化のサポートからコミットします。

以上です。

Webの代行依頼を検討している方におすすめ記事

【解説】Web担当はどこまで制作から運用の代行サポートをしてくれるの?

集客に強いWebサイト運用代行のメリットと費用【徹底解説】






Web制作+Webマーケティングの個別講座開講中

Web365はWeb担当者のスキルセットである
サイトを変更する「提案力」と「技術力」について個別指導しております


・Webで集客するための「考え方」を知りたい方
・サイトの制作改善のセオリーを知りたい方
・自身のサイトでケーススタディをしたい方
・サイトの制作改善の「技術的なスキル」を習得したい方
・分析から改善運用まで自身でしたい方


どうぞWeb365の「自社のWebサイトを自身で作りたい、改善したい人のオーダーメイド個別講座」をご覧ください。






外注のWeb担当者として「制作」と「マーケティング」で単発/継続でサポートします。

Web365は貴社のWeb担当者として、制作改善運用をワンストップサポートしています

・成果にこだわるサイト制作改善をお望みの方
・良いweb制作会社、コンサル会社がいないとお困りの方
・分析から改善運用まで一括で依頼したい方


是非Web365までご相談ください。

WEB担当・集客事例, マーケティング

執筆者:

関連記事

【徹底解説】Web製作を依頼するときに制作スピードがどのくらいか確認する質問例

Web製作のフリーランスの仕事の速さについてあった問合せがあったので、そのときの参考回答をご紹介します。 Web365とは Web365は、外部Web担当者として、クライアントのWebサイトの集客力を …

テキストメールのリンクパラメータ

【Webマーケティング】テキストメールのメルマガ効果測定はリンクパラメータがおすすめ

テキストメールでのメルマガ送付の効果測定をどうしようか試行錯誤していませんか? そんなときは、リンクパラメータの付与がおすすめです。 リンクパラメータでメールのリンクがクリックされたかがGoogleア …

【解説】EC機能内製化の検討例と7.27%のコストカット試算事例

クライアント事例として、自サイトでEC機能(eコマース、つまりオンラインショップ)内製したいときのリニューアル検討についての調査と意思決定についての流れを解説します。 Web365とは Web365は …

【徹底解説】Webサイト改善の27の王道メソッド

Webサイトの改善の王道メソッドをリストアップしました。改善を検討している方に実際にWeb担当をクライアントワークしている当方がWeb改善の考え方について解説します。 ※まだ当記事は、メモ書きですので …

【コピペ】WEB担当を外注依頼したいときにのRFP(提案依頼書)の書き方

WEB担当を外注するかどうかを検討している方に提案依頼をしたいときに活用できるRFP(提案依頼書)の書き方の解説とテンプレートを提供します。 Web365とは Web365は、外部Web担当者として、 …

【提案事例】運営リソースが割けない場合のECサイトの展開案

【5分で読めます】 クライアント事例として、ECサイト(eコマース、つまりオンラインショップ)を開設したいけれど「運営リソースがほぼない」条件での展開案ついての提案事例を解説します。   Web365 …

【note更新】本屋さんなど「街場の経済」の10のことについて考えてみました

本屋さんなど「街場の経済」の今後のキーワードを考えてみました。 Web365とは Web365は、外部Web担当者として、クライアントのWebサイトの集客力を高める施策を運用代行しています。 今回は、 …