WEB担当・集客事例 WordPressでホームページを作るには

【解説】EC機能内製化の検討例と7.27%のコストカット試算事例

投稿日:2020年11月26日 更新日:

クライアント事例として、自サイトでEC機能(eコマース、つまりオンラインショップ)内製したいときのリニューアル検討についての調査と意思決定についての流れを解説します。

Web365とは

Web365は、外部Web担当者として、クライアントのWebサイトの集客力を高める施策を運用代行しています。

今回は、クライアントのサイトをEC機能を実装してリニューアル案件です。当方が企画制作している事例です。

Web365について詳しく知りたい方は「Web365とは」ご覧ください。

この記事で分かることは、

  • 自サイトへのEC機能内製化のイメージ
  • 内製に切り替えることでの各検討サービスのコスト感

です。

自サイトにEC内製することのメリットは2つ、

  1. コストメリット(外部サービス手数料分の削減)
  2. 運用効率(1サイトで完結できる効率性)

です。

コストメリットや運用効率など、費用対効果が確実に計算できるメリットがあります。

事例を通して、詳しく解説してきます。

EC内製化とは

自サイトにEC機能を内製するとは、

自サイト内で、

  1. 商品を掲載
  2. 販売・決済機能
  3. 顧客管理機能

などのオンラインショップの主要機能が実装されることです。

ECサイト運用でよくあるサイト構成

ECサイト運用でよくあるWebサイトの構成としては、

  1. WEBサイト(コーポレートサイト)
  2. ECサイト

という2つのサイトを運用している構成がよくあります。

これは、別ドメイン、別管理画面であり、双方リンクが結ばれていることで、顧客導線を設計してます。

ECサイト運用でよくあるサイト構成の事例

ECサイト運用よくあるサイト構成の事例ですと、

  1. WEBサイト(コーポレートサイト) 

    CMSは、WordPressなど

  2. ECサイト/外部ECサービス

    サービスは、
    メイクショップ・カラーミーショップ・BASE・STORES・etc…

です。

外部ECサービスを利用することのメリット

外部ECサービスを利用することのメリットは2つです。

  1. サイト立ち上げの工数が少ない

    ECに必要な機能が全て用意されているので、制作から1時間くらいで販売までの導線は作れたりします。

  2. サイト自体のメンテナンスコスト

    サイトと運用すると、ドメイン、サーバー、ツールの各バージョンなどの更新対応、不具合発生時の対応など自社で対応する必要があります。
    外部サービスはこれらが軽減できます。

外部ECサービスを利用することのデメリット

上記の構成例で運用され始めたなかで、やはりデメリットが生じます。

外部ECサービスを利用することのデメリットは2つです。

  1. コストデメリット(外部サービス手数料分)
  2. 運用効率(複数サイト運用の非効率性)

です。

これらの課題を解決できる施策がEC機能の自サイト内製化です。

自サイトでEC機能内製の検討例

では、どう内製するか?

先のよくあるサイト構成例から考えると、

  1. WEBサイト(コーポレートサイト)/ CMSはWordPressなど
  2. ECサイト/外部ECサービス(メイクショップ・カラーミーショップ・BASE・STORES・Peatix・etc…)

であり、

WEBサイト(コーポレートサイト)/ CMSはWordPress

のをメインに検討してみます。

WordPressサイトのEC内製化

まず、CMSがWordPressで作成されたサイトであれば、

プラグインという機能拡充できるパーツのようなものがあります。

EC機能のプラグインもいくつか用意されているので、これらを活用することで、すぐに自サイトのEC内製化が実装できます。

Webサイト自体をリニューアルしつつ、EC内製もしたい

また、Webサイト自体をリニューアルしつつ、EC内製もしたい場合は、

EC機能が備わっている外部サービスなどを使用してサイト制作するのも一案ではあります。

たとえば、

  • メイクショップ
  • カラーミーショップ
  • BASE
  • STORES

であり、最近ですと

Shopify

がおすすめではあります。

イメージですと、EC機能がありつつ、WordPressのようにテーマや機能などカスタマイズ性が豊富な月額サービスです。

外部ECサービスで0ベース制作するデメリット

クライアント事例でも、WEBサイトのEC内製化をメインにリニューアルする。

という目的で、外部ECサービスであるこれらも検討しましたが、大きなデメリットが1つあります。

既存サイトのページ情報の移管ができない(調査時点2020年)

という点です。

これまで既存サイトで作成更新したページによる

  1. サイトの情報性
  2. ページによる検索流入

などが損失します。

1は、コピペすれば、移管はできるといえばできます。

しかし、1の対応をしたページは既存とは別ページであるので、2の検索流入が失われます。

つまり、

  • 既存サイトのリニューアル
  • すでに大量のページがあり
  • 検索流入がある状態

なら外部ECサービスへのリニューアルはおすすめしません。

上記に当てはまらない場合は、外部ECサービスへのリニューアルも一案です。

WordPressサイトのEC内製化によるコストメリット事例

クライアント事例で商材や単価は伏せますが、

外部ECサービスで、

  • Peatix
  • BASE

を利用していました。

WordPressサイトのEC内製化した場合、

  • EC機能のプラグイン「Woocommerce」
  • 決済をソニーペイメンツ

にした場合のコストメリットが

Peatixから内製に切り替えるとすると、

1決済あたりの費用比率が

11.50%から4.23%になり、

7.27%、コストカットできる試算でした。

BASEから内製に切り替えるとすると、

1決済あたりの費用比率が

7.60%から4.40%になり、

3.20%、コストカットできる試算でした。

事例の場合、単純計算で、EC内製化によるコストメリットは

3.20%~7.27%ほどコストカットできます。

つまり、コストカット分、利益率が高まります。

試算してみてコストメリットがあれば、内製検討はおすすめの施策です。

コスト試算の方法

まず、既存利用の外部サービスの

利用料、つまり、

  • 販売手数料
  • 月額利用料
  • そのほか費用

などを洗い出し、

内製化の

  • 販売手数料
  • 月額利用料
  • そのほか費用

と比較することで試算できます。

当方、Web365は、WEB視点を含めたコスト試算からリニューアル制作のご相談にも対応しますので、お気軽にお問合せください。

以上です。






Web担当者として月額サポートします。

Web365は貴社のWeb担当者として、制作改善運用をワンストップ定額サポートしています

・成果にこだわるサイト制作改善をお望みの方
・良いweb制作会社、コンサル会社がいないとお困りの方
・分析から改善運用まで一括で依頼したい方


是非Web365までご相談ください。






Web制作+Webマーケティングの個別講座開講中

Web365はWeb担当者のスキルセットである
サイトを変更する「提案力」と「技術力」について個別指導しております


・Webで集客するための「考え方」を知りたい方
・サイトの制作改善のセオリーを知りたい方
・自身のサイトでケーススタディをしたい方
・サイトの制作改善の「技術的なスキル」を習得したい方
・分析から改善運用まで自身でしたい方


どうぞWeb365の個別講座をご覧ください。

WEB担当・集客事例, WordPressでホームページを作るには

執筆者:

関連記事

【事例】Webサイトの保守運用を外注依頼すると何をしてくれるのか?

Webサイトを制作業者に依頼し納品後に発生する「保守運用・セキュリティ」の業務。 あれは実際何をしてくれるのか。 Web365の場合で事例解説します。 Web365とは Web365は、外部Web担当 …

【チュートリアル】WordPressで記事の途中からパスワード保護出来るプラグインを使った有料販売の方法

WordPressで記事の途中からパスワード保護出来るプラグインを使った有料販売の方法を解説します。 プラグイン1つと簡易なECショップので対応します。 ・記事の途中からパスワード保護出来るプラグイン …

【事例】Web担当3ヶ月、コンバージョン率2.17倍達成

Web担当3、4ヶ月の案件の成果報告をしました。 リスティング広告からサイト流入したユーザーの問い合わせ、つまりコンバージョン率が、Web改善をはじめた1ヶ月目と比較して2.17倍の成果をあげました。 …

【完全網羅】Word Pressの保守運用・セキュリティ59の対策一覧

Word Pressのセキュリティ対策の一覧と情報収集ソースを59ほどリストアップしました。自身のサイトのセキュリティ対策にご活用ください。   Web365とは Web365は、外部Web担当者とし …

webサイトの問合せを増やすためのサイト運用方法の解説

【資料配布】Webサイトの問合せを増やすための運用・改善方法の解説

【5分で読めます】 自身のビジネス用のWebサイトを作る上での最終的な目標は、2つ、 問い合わせを増や 購入を増やす がゴールではないでしょうか。 最終的なゴールの数字を増やす上でサイトを、下記の2つ …

スマホページで最下部にお知らせなどを固定表示させる方法【コピペ対応】

­スマホでサイトを閲覧すると出てくる、最下部の案内を自サイトで表示させたいときの方法です。 クライアントサイトでのケース、WordPressのテーマOnepress使用の場合の方法を解説します。 We …

WordPressのテキストモードでタグボタンを追加する方法

Web担当業務でクライアントサイトに見出しや太字などのタグがリセットされていたのでCSSの設定した際に、エディタ上のテキストモードでタグボタンを追加する方法を解説します。   下記画像の青枠 …