WEB担当・集客事例 マーケティング

【提案】支店や事業部単位でWeb改善をはかりたいときのWeb戦略

投稿日:

支店や事業部単位でWeb改善をはかりたいときのWeb戦略のご相談を受けたので、考えた方を共有します。

自社サイト内で改善か新規作成か?

この場合、部分最適での改善ですので、Web改善にあたり、まず下記の2つから選定する必要があります。


  1. コーポレートサイトのなかのディレクトリ単位、ページ単位で改善する
  2. 完全別サイトをたてる

1のメリットは、

  • 似てるコンテンツやデザインのトンマナを活用しやすい
  • Web的にも自然
  • 作業工数カット
  • コストカット
  • 運用更新のメンテナンス性
  • 他事業部にトレースして運用などの汎用性の確保
  • 万が一の運用縮小時の対応などもしやすい

1のデメリットは、

  • コーポレートサイトのうちなので、大きな改善をかけづらい

2のメリットは、

  • デザインがオリジナルでできる
  • カスタマイズが自由

2のデメリットは、

  • コーポレートサイトの集客力が活かせない
  • コーポレートとデザインのトンマナの違和感

1と2のどちらにするかの判断は、基本的には1をおすすめしますが、コーポレートサイトの出来や編集環境などで選定しましょう。

1のメリットについて個別解説します。1つ1つ理解するとWeb改善の考え方が把握できます。

  1. 似てるコンテンツやデザインのトンマナを活用しやすい
  2. Web的にも自然
  3. 作業工数カット
  4. コストカット
  5. 運用更新のメンテナンス性
  6. 他事業部にトレースして運用などの汎用性の確保
  7. 万が一の運用縮小時の対応などもしやすい

1 似てるコンテンツやデザインのトンマナを活用しやすい

自社サイト内で作成することで、すでにある自社サイトのデザインを活用できます。

このメリットは、

  • サイト全体のトンマナが合う
  • コピペの活用で工数と予算削減ができる(メリット3と4も含む)

2 Web的にも自然

ユーザーにとっては、事業部単位での違いは気づきにくいです。あくまでコーポレートサイトとして見るので、デザインのトンマナは合わせておくと良いです。

もうひとつは、集客面です。コーポレートサイト内に置くことで、コーポレートサイトの集客力を活かせます。

さらに、今回作成ページがコーポレートサイト全体の集客にも寄与するので、中期のWebマーケティング視点から適切です。

5 運用更新のメンテナンス性

別ドメインをたてて新規サイト作成する方が制限がなく効率的かもしれませんが、運用を考えると既存コーポレートサイトと新規サイトの2つのサイトを更新するので、メンテンナス性などで余計な工数が発生することもあります。

できるだけサイトは1つにまとめると運用も効率的です。

6 他事業部にトレースして運用などの汎用性の確保

コーポレートサイト内でつくることで、今回作成ページの構成を別支店・事業部でトレースしやすいので、全体最適としてのメリットが大きいです。

7 万が一の運用縮小時の対応などもしやすい

5の運用更新にも含みますが、万が一の今回作成ページを運用縮小、クローズするときも対応がしやすいです。

別サイトで作成している場合、縮小するときの工数発生やミス漏れなどの発生もあるので、中期的に機会損失の可能性もあります。

 提案事例 1ページの支店の特長を掲載するパターン

今回の提案事例は、1ページにて支店の特長を訴求するページを作成します。
先の2パターンの選定から、自社サイト内で作るメリットの方が大きいと判断し、ランディングページのように1ページで簡潔に訴求することで、工数やコストもカットできます。
以下は提案概要です(事例ですので、固有名詞は抽象的にしております)

1 背景・目的

Web改善においての背景や目的

  • 告知媒体の強化
  • ゴールは問い合わせ
  • 支店・事業部単位のページ(ユニーク情報)を制作したい
  • 事前のヒアリングから、既存サイトに1P制作することが良い

上記の条件を前提に下記項目を添えて個別に提案いたしました。

  • スコープ(成果物への作業範囲)
  • 目標・ゴール
  • 予算
  • 参考サイト
  • その他要望・提案
  • 制作ラフイメージ

以上です。






Web担当者として月額サポートします。

Web365は貴社のWeb担当者として、制作改善運用をワンストップ定額サポートしています

・成果にこだわるサイト制作改善をお望みの方
・良いweb制作会社、コンサル会社がいないとお困りの方
・分析から改善運用まで一括で依頼したい方


是非Web365までご相談ください。






Web制作+Webマーケティングの個別講座開講中

Web365はWeb担当者のスキルセットである
サイトを変更する「提案力」と「技術力」について個別指導しております


・Webで集客するための「考え方」を知りたい方
・サイトの制作改善のセオリーを知りたい方
・自身のサイトでケーススタディをしたい方
・サイトの制作改善の「技術的なスキル」を習得したい方
・分析から改善運用まで自身でしたい方


どうぞWeb365の個別講座をご覧ください。

WEB担当・集客事例, マーケティング

執筆者:

関連記事

【提案】地域性の強いビジネスでのWEB集客案を考えてみました

地域性の強いビジネスでのサイト集客改善のご相談を受けたので、考えた方を共有します。 結論としては、下記です。 Google広告で集客する MEO対策 SEO対策 ランディングページ作成 サイトリニュー …

SEO対策の記事を無料ツールを使って4ステップでつくる方法

SEOを意識したサイト作りをする際に、ページや記事を作成する必要があります。Googleなどの無料ツールを活用しながらSEOに合った記事構成案までつくる方法を解説します。 ※メモ書きです。後日詳細を追 …

【解説】EC機能内製化の検討例と7.27%のコストカット試算事例

クライアント事例として、自サイトでEC機能(eコマース、つまりオンラインショップ)内製したいときのリニューアル検討についての調査と意思決定についての流れを解説します。 Web365とは Web365は …

【解説】Web担当の集客戦略をたてるとしたら?その一例をご紹介します

Web担当としてクライアントさんのサポートをした場合に、まず、集客草案を提出し施策のリストアップなどを話し合います。 どのような流れで集客を考えているのか。その一例をご紹介します。 現状把握 まず、ク …

【徹底解説】WEB担当を外注するときに考えたい2つのポイント

WEB担当を外注するかどうかを検討している方に実際にWeb担当をクライアントワークしている当方がそのメリットや考え方について解説します。 ※メモ書きです、おってもう少し詳しく書きます。   そもそもW …

【解説】Webサイトをリニューアルする前にサイト改善運用をすすめる理由

自社Webサイトのリニューアルを検討されている方にはまず既存サイトのブラッシュアップ、つまり改善運用をおすすめしてます。それはなぜだと思いますか? ただリニューアルをしても数値は改善しないことや、制作 …

【note更新】自サイトの問合せを増やすためのサイトグロースマップの解説_簡易版

Web365とは Web365は、外部Web担当者として、クライアントのWebサイトの集客力を高める施策を運用代行しています。 今回は、クライアントのサイト改善案を提案する際の資料の紹介です。 Web …

^
;