WEB担当ツール・ハウツー

【解説】googleアナリティクス、GA4の設定方法がうまくできないときの複数設定方法

投稿日:2022年3月24日 更新日:

googleアナリティクス、GA4の設定方法がうまくできないときの複数設定方法の解説です。

WebサイトのPVなど計測した場合、Googleアナリティクスで計測測定できます。

【2023年7月にGA4へ】

2023年7月に、既存バージョン「ユニバーサルアナリティクス」から、新規バージョン「GA4」に完全移行することがGoogleで発表されました。

今回、ユニバーサルアナリティクスと並行して、「GA4」を設定する方法を解説します。

実際のサイトで、1つめの設定でうまくいかなかったので、別途、2つの方法で設定しました。

今回、エラーケースも含め、流れで解説します。

設定出来ない、設定する時間がない、という方は代行サポートしております。

Googleアナリティクス(GA4)まとめて設定代行サービス

Web365とは

Web365は、外部Web担当者として、クライアントのWebサイトの集客力を高める施策を運用代行しています。

Web365について詳しく知りたい方は「Web365とは」ご覧ください。

ユニバーサルアナリティクスが設定済み、並行してGA4を設定する方法

  

まずは、ユニバーサルアナリティクスが設定済み、並行してGA4を設定する方法です。

GoogleAnalytics内の左メニュー「管理」※歯車のアイコンでアカウント、プロパティなどの設定を開く。

赤枠、プロパティで新規の「プロパティ作成」をクリック。

GoogleAnalytics_GA4の設定01

プロパティ名を任意で決めます。

GoogleAnalytics_GA4の設定02

プロパティの設定で、ビジネスの概要を選択していきます。任意です。

GoogleAnalytics_GA4の設定03

プロパティ作成完了後、プロパティの各メニュー「データストリーム」を選択します。

今回計測対象がWebサイトなので、赤枠、「ウェブ」をクリックします。

※アプリなども計測できます。Webサイトとアプリを横串で計測できることが今回GA4の強みです。 

GoogleAnalytics_GA4の設定04

設定で、Webサイト名と、ストリーム名を決めます。任意です。

GoogleAnalytics_GA4の設定05

レンチのアイコンの「タグ設定事項」で、2つのパターンで設定方法が変わります。

  • 新しいサイトにタグを設定するか
  • 既存サイトに追加して設定するか(今回)

GoogleAnalytics_GA4の設定06

今回、既存サイトに追加して設定するか、ですので、

下記、一番上の赤枠「既存のページを…」をクリックします。設定方法が2つあります。

  • GoogleAnalytics(今回)
  • Googleタグマネージャー

今回、GoogleAnalyticsでまず設定を試みます。

下記、2番目の赤枠、で方法が記載されています。下記引用します。

測定 ID「G-〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇」は重要です。コピペしておきます。

ページにすでに別の Google アナリティクス プロパティの gtag.js を使用している場合は、次の手順に沿ってストリームのタグ設定をオンにします。ページのコードを変更する必要はありません。

別のウィンドウで、ページ上のタグを管理している Google アナリティクス プロパティを開きます。
[管理] > [トラッキング情報] > [トラッキング コード] に移動します。
[グローバル サイトタグ(gtag.js)] の下の [接続済みのサイトタグ] をクリックします。
この測定 ID「G-〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇」を接続します。

GoogleAnalytics_GA4の設定07

今回、上記、案内にしたがって、既存のプロパティをブラウザの別タブで開きます。

下記、既存プロパティでトラッキング情報、トラッキングコードを選択します。

GoogleAnalytics_GA4の設定08

トラッキングコード内の設定で、赤枠「接続済みのサイトタグ」項目をクリック。

GoogleAnalytics_GA4の設定09

タグのID(測定 ID「G-〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇」の部分)と、ニックネーム(任意)で設定し、「接続」します。

GoogleAnalytics_GA4の設定11_3

これで、先のGA4のプロパティに戻って、左メニュー、「レポート」で「リアルタイム」で計測確認をします。

うまくいくと、下記のように計測されています。

GoogleAnalytics_GA4の設定の成功結果

今回事例では、実際、うまくいきませんでした。次の方法です。

既存のユニバーサルアナリティクスのプロパティから「設定アシスタント」で設定する

先の方法が、うまくできないので、既存のユニバーサルアナリティクスのプロパティから「設定アシスタント」で設定することにします。

下記、既存のユニバーサルアナリティクスのプロパティ内のメニューで「設定アシスタント」があるので、クリックします。

GoogleAnalytics_GA4の設定11

GoogleAnalytics_GA4の設定11_1

「既存のGoogleアナリティクス4プロパティに接続したい」を選択し、先につくっていたGA4用のプロパティを赤枠で選択します。

GoogleAnalytics_GA4の設定11_2

プロパティを選択したら、「プロパティをリンク」をクリック。

GoogleAnalytics_GA4の設定11_3

下記、接続済みのプロパティ、で選択したGA4のプロパティが表示されていれば完了です。

GoogleAnalytics_GA4の設定12

これで、先のGA4のプロパティに戻って、左メニュー、「レポート」で「リアルタイム」で計測確認をします。

うまくいくと、下記のように計測されています。

GoogleAnalytics_GA4の設定の成功結果

今回事例では、実際、うまくいきませんでした。次の方法です。

GoogleタグマネージャーでGoogleアナリティクスの設定をする

今回事例では、GoogleタグマネージャーでGoogleアナリティクスの設定をする、で成功しました。

Googleアナリティクスからの設定ではエラーな要因(仮説)

これまでの2つでうまくいかない要因は特定できていませんが、別サイトではうまくいったこともあるので、違いをあげると、

【今回事例のエラー要因、仮説】

コンフリクト

WordPressの「Googleアナリティクスを設定できるプラグイン」などで設定していると、コンフリクトしているのかもしれません。

今回サイトは、WordPressプラグイン、「All in One SEO」でGoogleアナリティクスを設定しています。

※ちなみに、WordPressプラグイン、「All in One SEO」は、多機能で人気のプラグインですが、クライアントサイトでタイトル表示やSNSのOGPでエラーがあったり、セキュリティリスクが危惧されたりと、あまり、パフォーマンスが良くないので、当方担当のサイトでは別プラグインに、順次切り替えています。

Googleタグマネージャーでの設定方法を確認

上記の要因もあって、いっそ、Googleタグマネージャーで設定することが最適だと判断し、この方法で進めてみます。

※GA4に移行した場合、クリックイベントやコンバージョン、などカスタマイズ設定する場合もGoogleタグマネージャーから設定するとなにか運用上、効率的なので、おすすめまします。

先の手順の再掲です。

プロパティ作成完了後、プロパティの各メニュー「データストリーム」を選択します。

今回計測対象がWebサイトなので、赤枠、「ウェブ」をクリックします。

GoogleAnalytics_GA4の設定04

設定で、Webサイト名と、ストリーム名を決めます。任意です。

GoogleAnalytics_GA4の設定05

レンチのアイコンの「タグ設定事項」で、2つのパターンで設定方法が変わります。

  • 新しいサイトにタグを設定するか
  • 既存サイトに追加して設定するか(今回)

GoogleAnalytics_GA4の設定06

今回、既存サイトに追加して設定するか、ですので、

下記、一番上の赤枠「既存のページを…」をクリックします。設定方法が2つあります。

  • GoogleAnalytics(今回)
  • Googleタグマネージャー

今回、Googleタグマネージャーでまず設定を試みます。

一番下の赤枠、Googleタグマネージャーの設定の案内文を引用します。

  1. ページに実装された Google タグ マネージャー コンテナを開きます
  2. [タグ] > [新規] をクリックします。
  3. [タグの設定] をクリックして [GA4 設定] を選択します。
  4. この測定 ID「G-〇〇」を入力します。
  5. 全ページ(または測定するページのサブセット)のタグをトリガーするよう選択します。
  6. タグ設定を保存して公開します。

GoogleAnalytics_GA4の設定_10

お手間ですが、一度Googleタグマネージャーの設定を進めます。

Googleタグマネージャーの設定

Googleタグマネージャーはアカウント作成等は、こちらから

それでは新規アカウントを作成していきます。

Googleタグマネージャーのアカウント作成

Googleタグマネージャーのトップページから、右上「アカウント作成」を選択します。

Googleタグマネージャーの設定01

アカウント名など設定していきます。

Googleタグマネージャーの設定02

利用規約の承諾にチェックをいれ、「はい」を選択します。

Googleタグマネージャーの設定03

Googleタグマネージャーのコードをサイトに追記

Googleタグマネージャーのコードをサイトに追記します。

1つ目のコードは、headというタグのはじめの方に、

2つ目のコードは、bodyというタグの直後あたりに、追記します。

Googleタグマネージャーの設定04

実際の今回サイトで、Googleタグマネージャーの1番目のコードをheadというタグのはじめあたりに追記した図です。

Googleタグマネージャーの設定05

WordPressの場合、headは、header.phpというファイルにあることが一般的です。

サイト内部からのファイルの記述は、WordPressの左メニューで外観、テーマエディター、などから選択できます。下記、header.phpを選択しています。

Googleタグマネージャーの設定05_1

次に2番目のコードを、bodyというタグの直後あたりに、追記します。

bodyもheader.phpにあることが一般的です。

下記、追記した実例です。

GoogleAnalytics_GA4の設定06

新しいタグを追加(Googleアナリティクス)

Googleタグマネージャーのコードがサイトに設定できたので、次はGoogleアナリティクスの設定をします。

これらのツールの接続や、特定イベントの計測設定などの各設定は「タグ」というもので設定していきます。

それでは「新しいタグを追加」を選択します。

GoogleAnalytics_GA4の設定07

タグの設定の右上、ペンマークをクリックします。

Googleタグマネージャーの設定08

Googleタグマネージャーの設定09

タグタイプの選択です。Googleの他のツールとの連携は事前に一覧があります。

Googleアナリティクスの選択をします。

※今回サイトでは、Googleアナリティクス自体をGoogleタグマネージャー経由でサイトに設定していないケースです。よって、Googleアナリティクスから設定し、次にGA4を設定します。

次に、このタグの「トリガー」を設定します、ペンマークをクリックします。

Googleタグマネージャーの設定10

トリガーにて、「All Pages」を選択します。

※トリガーとは「タグを配信させる条件」を設定するためのものです。
※この「All Pages」トリガーは、Googleタグマネージャーのコードが埋まっているすべてのページで配信する、という意味です。

Googleタグマネージャーの設定11

タグの設定が完了しました。

Googleタグマネージャーの設定12

保存する際に、タグ名を設定します。(任意)

Googleタグマネージャーの設定13

タグの設定、最後になりますが、GoogleタグマネージャーとGoogleアナリティクスの紐付けをします。

GoogleアナリティクスのトラッキングIDを下記赤枠に、追記します。

※トラッキングIDは、Googleアナリティクスのプロパティ、トラッキング情報、トラッキングコードにある、「UA・・・」というものです。

Googleタグマネージャーの設定14

新しいタグを追加(Googleアナリティクス_GA4)

次にGA4のタグを追加します。

Googleタグマネージャーのワークペース内、のダッシュボード、左メニュー、タグ、から「新規」を選択します。

Googleタグマネージャーの設定15

タグタイプを「…GA4」を選択します。

Googleタグマネージャーの設定16

諸々設定して、トラッキングIDを追記します。

※GoogleアナリティクスのGA4のプロパティで発行した「G…」のIDです。

Googleタグマネージャーの設定19

Googleタグマネージャーの設定18

Googleタグマネージャーの公開

Googleアナリティクス(ユニバーサルアナリティクス)、GA4のタグが設定できました。

最後に、運用開始するめの、右上にある「公開」をクリックします。

Googleタグマネージャーの設定21

リリースのバージョンやメモなど記載します。

※今後Googleタグマネージャーの設定を更新した場合、こちらの情報が履歴となり便利です。

Googleタグマネージャーの設定22

任意で入力し、「公開」をクリックします。

Googleタグマネージャーの設定23

リリースの情報が確認できます。

Googleタグマネージャーの設定24

これで、先のGA4のプロパティに戻って、左メニュー、「レポート」で「リアルタイム」で計測確認をします。

うまくいくと、下記のように計測されています。

GoogleAnalytics_GA4の設定の成功結果

以上です。

ご活用ください。

【スライドで確認したい方】

 

■お気軽にご相談ください

設定出来ない、設定する時間がない、という方は代行サポートしております。

Googleアナリティクス(GA4)まとめて設定代行サービス

サイト計測・分析で相談したい方、そもそものWebサイトの分析提案や改善実行など相談したい方はこちらよりお気軽にご連絡ください。

必須お名前
必須メールアドレス
必須ご相談内容
必須メッセージ本文






Web制作+Webマーケティングの個別講座開講中

Web365はWeb担当者のスキルセットである
サイトを変更する「提案力」と「技術力」について個別指導しております


・Webで集客するための「考え方」を知りたい方
・サイトの制作改善のセオリーを知りたい方
・自身のサイトでケーススタディをしたい方
・サイトの制作改善の「技術的なスキル」を習得したい方
・分析から改善運用まで自身でしたい方


どうぞWeb365の「自社のWebサイトを自身で作りたい、改善したい人のオーダーメイド個別講座」をご覧ください。






外注のWeb担当者として「制作」と「マーケティング」で単発/継続でサポートします。

Web365は貴社のWeb担当者として、制作改善運用をワンストップサポートしています

・成果にこだわるサイト制作改善をお望みの方
・良いweb制作会社、コンサル会社がいないとお困りの方
・分析から改善運用まで一括で依頼したい方


是非Web365までご相談ください。

WEB担当ツール・ハウツー

執筆者:

関連記事

【秒速】ファイル名を一括置換したいときに便利なツールの「Flexible Renamer 8.4」

写真データなどは、ファイル名が自動で振られているので、整理する際や記事にあげるときに、ファイル名をきちんと付け直したいときがあります。 ファイル名を一括置換したいときに便利なツールの「Flexible …

イメージ01_ヒートマップの分析改善方法

【事例】ヒートマップ分析でWebサイト改善、1ヶ月で有効熟読率が4.5倍向上した分析と改善方法を解説

Webサイトの改善で、ユーザーの閲覧具合をみて、改善をはかりたいとき、「ヒートマップ」での分析はひとつの選択肢です。 今回は、ヒートマップでWebサイト改善、1ヶ月で有効熟読率が4.5倍向上した分析と …

【簡単】Googleスプレッドシートでの単純作業はマクロ活用がおすすめと作り方

  Googleスプレッドシートでの単純作業が発生している際は、マクロ活用がおすすめです。 「マクロ、難しそう」と思っている方がいるかと思いますが、思っている以上に簡単ですので、一度お試しください。 …

Web担当者がSEO対策などで、検索順位を調べるときに使っているツール「GRC」

Web担当者がSEO対策などで、検索順位を調べるときに使っているツール「GRC」をご紹介します。 GRC 下記が管理ページで実際に使っています。     この記事でわかることWeb …

【簡単】Googleカレンダーの予定から月次業務実績表を作成する方法

Googleカレンダーの予定から月次の業務実績表を作成する方法、流れを解説します。 Web365とは Web365は、外部Web担当者として、クライアントのWebサイトの集客力を高める施策を運用代行し …

テキストメールのリンクパラメータ

【Webマーケティング】テキストメールのメルマガ効果測定はリンクパラメータがおすすめ

テキストメールでのメルマガ送付の効果測定をどうしようか試行錯誤していませんか? そんなときは、リンクパラメータの付与がおすすめです。 リンクパラメータでメールのリンクがクリックされたかがGoogleア …

検索上位へのSEO対策、記事をGoogleサーチコンソールにフェッチしよう

サイトを検索上位に上げたいときのSEO対策です。 まずは、書いた記事を公開したらGoogleサーチコンソールにフェッチしましょう。 その理由と方法を解説します。   この記事でわかることGo …