WordPressでホームページを作るには

【コピペ】WordPress、FacebookのOGPをプラグインなしで作成する方法

投稿日:

【コピペでできる、WordPressでの、FacebookのOGPをプラグインなしで作成する方法の解説です。

なぜ必要か?

Facebookでリンクを貼ると、OGPというサムネイル、タイトル、概要などがカード形式で表示されるので、ユーザービリティが高まります。

OGPのイメージ

facebookアプリを作成15

Web365とは

本題のまえに、自己紹介です。
クライアントの外部・外注のWeb担当としてWebサイトを集客売上増を目的に、分析・改善・実行まで一貫体制で運用代行しております。

Web365の詳細

FacebookのOGPは、Facebookでマイアプリを作成する

FacebookのOGPは、FacebookでOGP用のマイアプリを作成する必要があります。

そのアプリのIDをサイトに決まったコードで埋め込むことで、FacebookのOGPが設定できます。

※Facebookアカウント登録済みの前提で進めます。

手順は下記です。

  1. Facebook for Developersに登録
  2. アプリを作成
  3. アプリを設定してIDを取得

Facebook for Developersに登録

まず、Facebook for Developersに登録しましょう。

下記、トップページ、赤枠がログイン済みなら、マイアプリ、スタートガイド、まだなら、ログイン、など表示されていますので、クリックします。

Facebook for Developersに登録

つづいて、アカウント登録です。

レジスターの登録です。次へをclickします。

Facebook for Developersに登録2

コンタク情報です。メールアドレスを登録します。

次に、自身の属性について選択します。開発者を選択します。

Facebook for Developerに登録04

これで登録完了です。
つづいて、アプリを作成します。

アプリを作成

トップページから「アプリを作成」を選択

facebookアプリを作成01

今回のアプリは、あくまでOGPのためのアプリなので、「なし」を選択します
facebookアプリを作成02
アプリの名前、表示名は、「サイト名_OGP」などで良いです。
facebookアプリを作成03

アプリを設定してIDを取得

アプリができたら、アプリ内のダッシュボードにいき、左メニュー、設定の下層の「ベーシック」を選択します。
facebookアプリを作成06
アプリの各設定です。
  • 表示名(記入済み)
  • プライバシーポリシーのページURL(自身のサイトのプライバシーポリシーページ)
  • カテゴリー(ビジネスを選択)
facebookアプリを作成07

つづいて、同じ設定ページの最下部に、「プラットフォームを追加」で「Website」を選択し、自身のサイトを入力します。

facebookアプリを作成08

facebookアプリを作成09

facebookアプリを作成10

設定は完了しました。

最後に、アプリ設定の上部にある「開発中」のタブを「ライブ」に切り替えます。

facebookアプリを作成11

ライブに切り替えが完了しました。

facebookアプリを作成12

これで、アプリが起動している状態で、OGPの利用設定は完了です。

アプリのIDをコピーします。こちらをサイトに設定していきます。

facebookアプリを作成13

WordPressでプラグインなしで、FacebookのOGPを設定する方法

続いて、WordPressでプラグインなしで、FacebookのOGPを設定する方法の解説です。

プラグインなしで作成する理由

コードが扱えるなら、プラグインはできるだけ使用しないほうが良いです。

プラグインのメリットは

  • 自分でコードを書かずに機能を利用できる

プラグインのデメリットは

  • プラグインは機能過多で、重くなる要因
  • 定期メンテンナンスが必要になる
  • 開発者自体のメンテンナンスがないと、サイトセキュリティが下がる

です。

当方も、クライアントサイトなど、工数加味して、問題なければ、できるだけプラグインなしで実装をします。

さて、

FacebookのOGP設定が諸々できたら、

アプリのIDをコピペして、下記の手順に進みます。

function.phpに下記コードでheadに挿入させる

function.phpに下記コードでheadに挿入させ、対応

function my_meta_ogp() {

//og:type
$ogp_type = ( is_front_page() || is_home() ) ? 'website' : 'article';

//og:image
if ( is_singular() && has_post_thumbnail() ) {
$ps_thumb = wp_get_attachment_image_src( get_post_thumbnail_id(), 'full');
$ogp_img = $ps_thumb[0];
} else {

$ogp_img = 'ここはデフォルトのアイキャッチ画像のURL';
}

// facebookのapp_id(設定する場合)
$insert.='<meta property="fb:app_id" content="ここにapp_idを">'."\n";
echo$insert;
  }
} //END my_meta_ogp
add_action('wp_head','my_meta_ogp');//headにOGPを出力

FacebookのOGPテスト

諸々、設定完了したとろこで、OGPのテストをします。

下記で、対象のページを入力し、デバッグをクリックすると、OGPがプレビューできます。

シェアデバッガー – Facebook for Developers

facebookアプリを作成06

すると、下記のような形でプレビューできます。成功ですね。

facebookシェアデバッガーイメージ

以上です。

ご活用ください。

■お気軽にご相談ください

Webサイトをより多くの方に認知してもらうために、OGPは大切です。
Webサイトの細かい改善は担当をつけて継続的に対応することをおすすめします。
Webサイトの分析提案や改善実行など相談したい方はこちらよりお気軽にご連絡ください。

必須お名前
必須メールアドレス
必須ご相談内容
必須メッセージ本文






Web制作+Webマーケティングの個別講座開講中

Web365はWeb担当者のスキルセットである
サイトを変更する「提案力」と「技術力」について個別指導しております


・Webで集客するための「考え方」を知りたい方
・サイトの制作改善のセオリーを知りたい方
・自身のサイトでケーススタディをしたい方
・サイトの制作改善の「技術的なスキル」を習得したい方
・分析から改善運用まで自身でしたい方


どうぞWeb365の「自社のWebサイトを自身で作りたい、改善したい人のオーダーメイド個別講座」をご覧ください。






外注のWeb担当者として「制作」と「マーケティング」で単発/継続でサポートします。

Web365は貴社のWeb担当者として、制作改善運用をワンストップサポートしています

・成果にこだわるサイト制作改善をお望みの方
・良いweb制作会社、コンサル会社がいないとお困りの方
・分析から改善運用まで一括で依頼したい方


是非Web365までご相談ください。

WordPressでホームページを作るには

執筆者:

関連記事

Web編集で文字が斜体にならないときの理由と2つの対応方法

Web編集で文字が斜体にならないときの理由と2つの対応方法です。 Web365とは Web365は、外部Web担当者として、クライアントのWebサイトの集客力を高める施策を運用代行しています。 今回は …

検索上位へのSEO対策、画像にテキストは出来るだけいれないようにしよう

SEOを意識したサイト作りをする際に、画像とテキストは出来るだけ分けたほうがいいです。検索ロボットがテキストを認識して検索順位を決めるので、画像だと埋もれるからです。 今回は具体例と一般的な方法を解説 …

【解説】Webサイトリニューアルを新規業者に見積もりする際の流れ

【5分で読めます】 Webサイトをリニューアルしたいという回答事例として、見積もり提案をどうつくるのか?流れから概算まで紹介します。 サンプルの見積もりシートも共有しておりますので、ご覧ください。 W …

aタグカット、下層要素残し、jQueryでの方法

【コピペ】aタグだけをカットして、その下層の要素は残したいときのjQueryで対応方法

aタグだけをカットして、その下層の要素は残したいときのjQuerで対応方法です。 用途としては、 ・aタグが勝手に挿入されていたバグ などで取り急ぎ対応しました。 Web365とは 本題のまえに、自己 …

【提案事例】運営リソースが割けない場合のECサイトの展開案

【5分で読めます】 クライアント事例として、ECサイト(eコマース、つまりオンラインショップ)を開設したいけれど「運営リソースがほぼない」条件での展開案ついての提案事例を解説します。   Web365 …

【完全網羅】Word Pressの保守運用・セキュリティ59の対策一覧

Word Pressのセキュリティ対策の一覧と情報収集ソースを59ほどリストアップしました。自身のサイトのセキュリティ対策にご活用ください。   Web365とは Web365は、外部Web担当者とし …

【解説】EC機能内製化の検討例と7.27%のコストカット試算事例

クライアント事例として、自サイトでEC機能(eコマース、つまりオンラインショップ)内製したいときのリニューアル検討についての調査と意思決定についての流れを解説します。 Web365とは Web365は …