WordPressでホームページを作るには

【秒速解決】Word Press Popular Postsでウィジェット保存できないときの解決方法

投稿日:2020年1月27日 更新日:

Word Pressのプラグイン「Word Press Popular Posts」でウィジェット保存できない挙動があったので、その解決方法を解説します。

Web365とは

Web365は、外部Web担当者として、クライアントのWebサイトの集客力を高める施策を運用代行しています。

今回は、WordPressでクライアントサイトのウィジェット改善する際の提案・考え方の一部紹介です。

Web365について詳しく知りたい方は「Web365とは」ご覧ください。

Word Press Popular Postsでウィジェット保存できないときの挙動

ウィジェット保存しようとしたときにこんな画面で一向に保存できないときの対応です。

結論としては、ショートコードで対応する方法です。

そもそもウィジェット保存できない原因候補としては、サーバーのセキュリティ設定での競合などが考えられます。

この方法で、実装できない場合は、サーバーセキュリティの設定などから対応することが必要です。(今回は割愛してます)

 

Word Press Popular Postsでウィジェット保存できないときの解決方法

解決手順は下記の流れです。

  1. プラグインのパラメーターからショートコード作成
  2. ウィジェットでカスタムHTMLでショートコード入力

詳しく解説します。

    プラグインのパラメーターからショートコード作成

    まず、Word Press Popular Postsでは、ショートコードが作成できます。

    設定からプラグインの設定へ進みます。

     

    Word Press Popular Postsの設定へ進む

     

    プラグイン設定画面で、下記赤枠のパラメーターをクリックします。

     

    Word Press Popular Postsのパラメーター設定

     

    パラメーター画面に進むと、人気記事をどのような基準で一覧表示するかの仕様を設定できるコードが用意されています。

    例えば、下記、赤枠、

    [wpp header=’Popular Posts’]

    をコピーして、ウィジェットのカスタムHTMLにコピペし保存すれば、

    人気記事がデフォルト状態で表示されます。

     

    Word Press Popular Postsのパラメーター設定のショートコード集

     

    項目が多数あるので、今回はサンプル例で、

    • 直近30日の閲覧数を集計
    • 記事は10位まで表示
    • サムネイルは縦横100Px
    • 閲覧数は非表示

     

    で実装したいという場合は、下記のパラメータのショートコードを組み合わせて、

    • [wpp header=’Popular Posts’]
    • [wpp range=’last30days’]
    • [wpp limit=10]
    • [wpp thumbnail_width=100 thumbnail_height=100]
    • [wpp stats_views=0]

     

    [wpp stats_views=0 range='last30days' limit=10 thumbnail_width=100 thumbnail_height=100]

     

    とします。

     

    2 ウィジェットでカスタムHTMLでショートコード入力

    先述のショートコードをコピーして、ウィジェットに進みます。

    Word Press Popular Postsnのウィジェット保存方法

     

    カスタムHTMLを選択して表示したい場所にドラッグします。

    上記画像例では、赤枠の場所に設置して、詳細をタイトル「人気記事」とします。

    内容は、先のショートコードをペーストします。

     

    結果は、下記のように表示されました。

     

     

    カスタムは適宜、パラメータを参照して、ショートコードを作成すると良いです。

     

    以上です。ご活用ください。

     






    Web制作+Webマーケティングの個別講座開講中

    Web365はWeb担当者のスキルセットである
    サイトを変更する「提案力」と「技術力」について個別指導しております


    ・Webで集客するための「考え方」を知りたい方
    ・サイトの制作改善のセオリーを知りたい方
    ・自身のサイトでケーススタディをしたい方
    ・サイトの制作改善の「技術的なスキル」を習得したい方
    ・分析から改善運用まで自身でしたい方


    どうぞWeb365の「自社のWebサイトを自身で作りたい、改善したい人のオーダーメイド個別講座」をご覧ください。






    外注のWeb担当者として「制作」と「マーケティング」で単発/継続でサポートします。

    Web365は貴社のWeb担当者として、制作改善運用をワンストップサポートしています

    ・成果にこだわるサイト制作改善をお望みの方
    ・良いweb制作会社、コンサル会社がいないとお困りの方
    ・分析から改善運用まで一括で依頼したい方


    是非Web365までご相談ください。

    WordPressでホームページを作るには

    執筆者:

    関連記事

    WordPressサイトの各バージョンアップをする前に知っておくべきこと

    【解説】WordPressサイトの各バージョンアップをする前に知っておくべきこと

    WordPressサイトの各バージョンアップをする前にすべきことを知っていますか? 今回は、バージョンアップについての全体像と、手順、バージョンアップ前にすべきことをお伝えします。 バックアップには3 …

    【コピペ】見積もりの簡易フォームを作成しましたので活用ください

    Word Pressで、見積計算機能を作成しました。各項目と個数入力などで小計と合計を計算する仕様です。 カスタマイズや別途作成のご相談承っております。 この記事でわかること見積もり計算機能の仕様見積 …

    【チュートリアル】WordPressで記事の途中からパスワード保護出来るプラグインを使った有料販売の方法

    WordPressで記事の途中からパスワード保護出来るプラグインを使った有料販売の方法を解説します。 プラグイン1つと簡易なECショップので対応します。 ・記事の途中からパスワード保護出来るプラグイン …

    【コピペ】WordPress、Contact Form7のカスタマイズ、チェック項目に合わせて次の項目を表示させる方法

    【コピペ】WordPress、Contact Form7のカスタマイズ、作成する方法

    コピペでできる、【コピペ】WordPress、Contact Form7のカスタマイズ、チェック項目に合わせて次の項目を表示させる方法の解説です。 なぜ必要か? 問い合わせ項目のより具体的な取得をした …

    【簡単】WordPressで独自のショートコードを作成し、本文に挿入する方法

    WordPressで独自のショートコードを作成し、本文に挿入する方法を解説します。お決まりの文章や、機能などは、ショートコードを書くだけで、ページに実装できると効率的です。ショートコードの作成方法と、 …

    イメージ00_【解説】WordPressの保守、プラグインのバージョン管理ができるWP Rollbackをいれておこう

    【解説】WordPressの保守、プラグインのバージョン管理ができるWP Rollbackをいれておこう

    【解説】WordPressの保守、プラグインのバージョン管理ができるWP Rollbackをいれ方を解説します。 クライアントサイトで対応例です。前提条件もありますが、プラグイン2つで対応します。 W …

    WordPress個人レッスン、自身で制作改善できるオーダーメイド個別講座

    この記事でわかること受講チケットはこちらカリキュラムWebについての悩み事例講座レベル料金とシステム­ポイントこんなことが出来るようになります受講例過去の受講例(一部抜粋)実施した講義のタイムスケジュ …