WordPressでホームページを作るには

【解説】WordPressサイトでURLを知っているひとしか閲覧できない設定方法

投稿日:2020年10月27日 更新日:

サイトでURLを知っているひとしか閲覧できない設定方法を知っていますか?

今回は、WordPressサイトで、どんな方法で設定するかをお伝えします。

設定には、Google検索に掲載させない方法やパスワード保護、サイト内のディレクトリ自体のBASIC認証などの方法を解説します。

Web365とは

Web365は、外部Web担当者として、クライアントのWebサイトの集客力を高める施策を運用代行しています。

今回は、クライアントのサイトの既存顧客だけに見せたいページ作りについての企画、実装案の一部紹介です。

Web365について詳しく知りたい方は「Web365とは」ご覧ください。

サイトのパスワード設定

URLを知っているひとだけに見せたいとき

あるサイトやページを、そのURLを知っているひとだけに見せたいときはいくつか状況があります。

  1. 一般公開前のデモサイト
  2. 特定ユーザーだけ見ることができる非公開ページ

セキュリティとその範囲で設定方法は変わる

誰にどのように見せたいかで、そのページのセキュリティ度と範囲指定などを設定方法は変わっていきます。

セキュリティ度は下記1から順にあがります。

  1. URL を知っているユーザーが閲覧できるページ
  2. URL を知っていてパスワードを知っているユーザーが閲覧できるページ
  3. URL を知っていてパスワードを知っているユーザーが閲覧できるサイト(ディレクトリ)

順に説明します。

WordPressのセキュリティ対策については、下記をご覧ください。

【完全網羅】Word Pressの保守運用・セキュリティ59の対策一覧

URL を知っているユーザーが閲覧できるページの設定方法

URL を知っているユーザーのみ閲覧できるページは、下記の状態が望ましいです。

  1. サイト内でリンクが貼られていないこと(独立している状態)
  2. Google 検索にインデックスされていないこと

サイト内でリンクが貼られていないページ作成

これは単に名刺を一つ作り、サイト内でそのページにそのページにリンクを貼らなければできます。

Google 検索にインデックスさせない設定

WordPress ではおそらく SEO プラグインを入れているかと思います。

今回は

の設定方法を解説します。

ALL in One SEO PACKのときのGoogle 検索にインデックスさせない設定

ページ編集画面にあるプラグインの設定機能の項目、下記の部分をチェックを入れます。

Google 検索にインデックスさせない設定

Yoast SEOのときのGoogle 検索にインデックスさせない設定

ページ編集画面にあるプラグインの設定機能の項目、下記の部分をチェックを入れます。

Yoast_SEOでGoogleインデックスさせない設定

URL を知っていてパスワードを知っているユーザーが閲覧できるページの設定方法

次に、URL を知っていてパスワードを知っているユーザーが閲覧できるページの設定方法です。

WordPressでは、パスワード保護という設定が簡単にでき、パスワードを知っている人しか開くことができないページを作ることができます。

設定方法は下記画像の赤枠部分のように編集画面で設定します。

WordPressでパスワード保護設定方法

ユーザーの表示イメージは下記です。

WordPressパスワード保護のログインイメージ

URL とパスワードを知っているユーザーが閲覧できるサイト(ディレクトリ)の設定方法

次に、URL を知っていてパスワードユーザーが閲覧できるサイト(ディレクトリ)の設定方法です。

これは、サイト全体や、特定カテゴリー、たとえば管理画面などで特定ユーザーしかログインすることができない設定をかけたい時によく使います。

使用用途は主に、編集など裏側作業のセキュリティ対策です。

これをBASIC認証と言います。

Basic認証とは、基本認証と呼ばれることもあり、ユーザ名とパスワードの組みで、

  • サイト全体(example.com)
  • そのサイトの特定ディレクトリ(example.com/sample)

を保護します。

設定後、その URL を開くと、まず最初に下記画像のようなログイン画面が表示されます。

BASIC認証のログイン画面

設定方法ですが、こちらは契約サーバーによって設定方法は少し変わります。

ご自身のご契約サーバーのマニュアルなど確認して設定しましょう。

一般的には、サーバーの管理パネルに入り、

「アクセス制限」
「セキュリティ・・・」
「BASIC 認証」

など文言がある部分を触って設定をかけていくことができます。

以上です。






Web担当者として月額サポートします。

Web365は貴社のWeb担当者として、制作改善運用をワンストップ定額サポートしています

・成果にこだわるサイト制作改善をお望みの方
・良いweb制作会社、コンサル会社がいないとお困りの方
・分析から改善運用まで一括で依頼したい方


是非Web365までご相談ください。






Web制作+Webマーケティングの個別講座開講中

Web365はWeb担当者のスキルセットである
サイトを変更する「提案力」と「技術力」について個別指導しております


・Webで集客するための「考え方」を知りたい方
・サイトの制作改善のセオリーを知りたい方
・自身のサイトでケーススタディをしたい方
・サイトの制作改善の「技術的なスキル」を習得したい方
・分析から改善運用まで自身でしたい方


どうぞWeb365の個別講座をご覧ください。

WordPressでホームページを作るには

執筆者:

関連記事

WordPressの企業サイト事例

WordPressの企業サイト事例とテーマ選【徹底解説】

【5分で読めます】 WordPressで企業サイト構築の検討に役立つ記事です。 WordPressで企業サイトを構築するメリット・デメリットやWordPressの企業サイトに向いてるか判断する7つのチ …

Web編集で文字が斜体にならないときの理由と2つの対応方法

Web編集で文字が斜体にならないときの理由と2つの対応方法です。 Web365とは Web365は、外部Web担当者として、クライアントのWebサイトの集客力を高める施策を運用代行しています。 今回は …

インタビュー方法

【テンプレート】事例紹介のインタビューページで大事な5項目と手順マニュアル解説

自社サイトで実績事例を紹介したい、インタビュー記事を作成したいと考えてはいませんか? クライアントサイトで、事例コンテンツ作成するときに、どんな構成で作成すると良いのか? インタビュー記事の訴求ポイン …

コピーライティングで悩んだときの15の考え方

自社の商材をPRする際に、どう表現していいか悩むこともあるかと思います。アイデアのたたき台として、コピーライティングで悩んだときの15の考え方を解説します。 Web365とは Web365は、外部We …

検索上位へのSEO対策、記事をGoogleサーチコンソールにフェッチしよう

サイトを検索上位に上げたいときのSEO対策です。 まずは、書いた記事を公開したらGoogleサーチコンソールにフェッチしましょう。 その理由と方法を解説します。   Googleサーチコンソ …

【解説】Webサイトをリニューアルする前にサイト改善運用をすすめる理由

自社Webサイトのリニューアルを検討されている方にはまず既存サイトのブラッシュアップ、つまり改善運用をおすすめしてます。それはなぜだと思いますか? ただリニューアルをしても数値は改善しないことや、制作 …

fontAwesomeが表示されない対処方法はフォントファミリーに設定すること

このサイトなのですが、fontAwesomeという、外部サイトの情報から矢印やメール電話などアイコンを表示してくれるCSSを連携しています。 初期設定やバージョン更新でよくあるのですが、そのアイコンが …