WordPressでホームページを作るには

スマホページで最下部にお知らせなどを固定表示させる方法【コピペ対応】

投稿日:2019年4月12日 更新日:

­スマホでサイトを閲覧すると出てくる、最下部の案内を自サイトで表示させたいときの方法です。

クライアントサイトでのケース、WordPressのテーマOnepress使用の場合の方法を解説します。

Web365とは

Web365は、外部Web担当者として、クライアントのWebサイトの集客力を高める施策を運用代行しています。

Web365について詳しく知りたい方は「Web365とは」ご覧ください。

style.cssとfooter.phpを編集します。

メニューの「外観」の「テーマ編集」の 「footer.php」 「style.css」とにソースを追加します。

footer.phpの編集

phpとhtmlを組み合わせたソースを追加します。

フッターCTAソース1

ここでは、スマホの場合に特定のページの案内を表示させたいとして、その特定ページでは、ここでは、特定ページが投稿ページとして、固定ページのみで表示させる仕様を採用してます。

“<?php wp_footer():?>”の下あたりに下記ソースを貼ります。

<!-- fied_フッターCTA表示ページ -->

<?php if(wp_is_mobile()) : ?>
	<?php if (is_page(特定ページのスラッグ)) : ?>
		<a href="特定ページURL">
			<div id="footerFloatingMenu">
			<i class="fa fa fa-book "></i> セミナーのお知らせ
		</div>
</a>
	<?php endif ?>
<?php endif ?>

ソースの意味は、
もしモバイルサイズの表示で、
固定ページなら、
特定ページにリンクを貼った、セミナーのお知らせのhtmlソースを表示
といった意味です。

案内表示を、少しスクロールしたときに表示させたい

次に同じくfooter.phpに先程のソースの下、</body>の上あたりに、下記のソース、動きが出せるjQueryを追加します。

フッターCTAソース2

<!-- fixed_フッターCTA表示場所 -->
<script>
jQuery(function() {
    var topBtn = jQuery('#footerFloatingMenu');
    topBtn.hide();
    jQuery(window).scroll(function () {
        if (jQuery(this).scrollTop() > 200) { // 200pxで表示
            topBtn.fadeIn();
        } else {
            topBtn.fadeOut();
        }
    });
});
</script>

ソースの意味は

先のhtmlのソースにあるクラスID「footerFloatingMenu」をtopBtnという変数名として、

topBtn ははじめは隠しておく、
ブラウザのウィンドウがスクロールされたらしてほしいことがある、
それは、もし200pxスクロールされたら、topBtn をゆっくり表示させて、
200px未満の場合はゆっくり非表示にさせて、
という意味です。

style.cssの編集

htmlソースの表示は上記で出来たので、背景や横幅、文字上下の余白など装飾をします。

フッターCTAソース3

styel.cssの最下部に下記ソースを貼ります。

/***** fixed_フッターCTA *****/

#footerFloatingMenu {
    display: block;
    background-color: #F08080;
    width: 100%;
    padding: 5% 0 5% 0;
    position: fixed;
    left: 0px;
    bottom: 0px;
    z-index: 9999;
    text-align: center;
  color: white;
  font-weight: bold;
   padding: 0 auto;
}

ソースの意味は、

背景ピンクで、
横幅いっぱい、
内側の余白は上下5%くらい、
最下部に固定表示、
他のどんな要素よりも階層は手前に表示させる、
テキストは真ん中に表示、かつ太字
といった感じです。

最下部の案内表示の完成イメージ

下記の写真のようになりました。

フッターCTAサンプル

上記のソースで、変えたい場合の注意点は、冒頭の<?phpの部分はスペル間違えると、ページ自体にエラーが出て表示されなくなるかもしれないので、スペルチェックしながら、変更してみてください。

もし、不備不明ありましたらお気軽にご連絡ください。






Web制作+Webマーケティングの個別講座開講中

Web365はWeb担当者のスキルセットである
サイトを変更する「提案力」と「技術力」について個別指導しております


・Webで集客するための「考え方」を知りたい方
・サイトの制作改善のセオリーを知りたい方
・自身のサイトでケーススタディをしたい方
・サイトの制作改善の「技術的なスキル」を習得したい方
・分析から改善運用まで自身でしたい方


どうぞWeb365の「自社のWebサイトを自身で作りたい、改善したい人のオーダーメイド個別講座」をご覧ください。






外注のWeb担当者として「制作」と「マーケティング」で単発/継続でサポートします。

Web365は貴社のWeb担当者として、制作改善運用をワンストップサポートしています

・成果にこだわるサイト制作改善をお望みの方
・良いweb制作会社、コンサル会社がいないとお困りの方
・分析から改善運用まで一括で依頼したい方


是非Web365までご相談ください。

WordPressでホームページを作るには

執筆者:

関連記事

【解説】WordPressの保守、バックアップのプラグイン BackWPupをいれておこう

【解説】WordPressの保守、バックアップのプラグイン BackWPupのいれ方、バックアップ方法の一例を解説します。 クライアントサイトで対応例です。   Web365とは Web365は、外部 …

【完全網羅】WordPressの費用は?ホームページ作成運用の料金相場まとめ

【5分で読めます】 企業でコーポレートサイトとしてWordPressを採用する際、費用はいくらかかるのか?相場やサービス別など網羅的にまとめました。 この記事読了後は、 WordPressでの費用感が …

WordPressで特定カテゴリーのみ一覧から非表示にする方法

WordPressで特定カテゴリーのみ一覧から非表示にする方法を解説します。 Web365とは Web365は、外部Web担当者として、クライアントのWebサイトの集客力を高める施策を運用代行していま …

【事例】WordPressの Contact Form 7 の不具合改善、SMTPプラグインを

【事例】WordPressの Contact Form 7 の不具合改善、SMTPプラグインをいれておこう

WordPressの Contact Form 7 の不具合改善、SMTPプラグインをいれた解決事例を解説します。 クライアントサイトで対応例です。 Web365とは Web365は、外部Web担当者 …

【事例】Webサイトの保守運用を外注依頼すると何をしてくれるのか?

Webサイトを制作業者に依頼し納品後に発生する「保守運用・セキュリティ」の業務。 あれは実際何をしてくれるのか。 Web365の場合で事例解説します。 Web365とは Web365は、外部Web担当 …

サイトのパスワード設定

【解説】WordPressサイトでURLを知っているひとしか閲覧できない設定方法

サイトでURLを知っているひとしか閲覧できない設定方法を知っていますか? 今回は、WordPressサイトで、どんな方法で設定するかをお伝えします。 設定には、Google検索に掲載させない方法やパス …

【解説】XサーバーのWordPressをSSL化する手順

【解説】XサーバーのWordPressをSSL化する手順を解説します。 クライアントサイトで対応例です。 Web365とは Web365は、外部Web担当者として、クライアントのWebサイトの集客力を …