WEB担当ツール WordPressでホームページを作るには

文字起こしは音声データを口頭でGoogleドキュメントに音声入力するがなんだかんだ一番かもです

投稿日:2019年10月25日 更新日:

文字起こしは音声データを口頭でGoogleドキュメントに音声入力するがなんだかんだ一番かもです。

クライアントさんの話を聞き書きし、記事化する業務をしています。

その際に、音声データを文字起こしする必要があります。文字起こしで検索すると色々なツールや方法が出てきます。

いくつか試しましたが、精度など考えると、なんだかんだ自身が口頭でGoogleドキュメントに音声入力するが一番かなと思ったのでその流れを解説します。

 

文字起こしに必要なもの

  • 音声データ
  • Googleドキュメント

文字起こしする方法

1 音声データを再生し聞き取れる状態にしてください。

ICレコーダーの生データでも、PCにダウンロードしたデータでも再生しやすい環境であれば大丈夫です。

 

2 Googleドキュメントを立ち上げます。

Googleアカウントにログインし、Googleドキュメントを立ち上げます。

 

下記画像、「ツール」の「音声入力」を選択します。

 

 

 

左にマイクが赤い状態で、「テスト」と発します。

 

 

 

音声を認識し、テキスト入力がはじまります。単語でなく、文章単位で音声入力しても大丈夫です。

 

 

 

 

 

テストと入力されました。

 

 

 

※注意点
句読点などは入力できないので、自分で特殊文字などを入力して、あとで文字を置換させるなどで対応すると良いと思います。

それか、ひとつひとつ、キーボード入力するなどが対応案です。

画像は、@OK(あっとまーくおっけー)、&OK(あんどおっけー)などなら音声入力できそうです。

 

 

 

以上です。どうぞご活用ください。

 

 

上記のように、サイトの運用広報担当、口頭音声を聞き書きした記事作成など広報サポートも承っておりますのでお気軽にご相談ください。

ご相談・お仕事の依頼について

【お気軽ご相談ください】

WEB制作・WEBマーケティングについてなど、気になる点があればお気軽にお問い合わせください。

【個別講座承ります】

貴社サイトの悩みや改善したい点など、こちらが教えながら一緒に改善するオーダーメイド個別講座も承っております。

【Web担当承ります】

貴社のWeb担当者としてもビジネス目的に合わせた形でサポートいたします。まずはお気軽にご相談ください。

 

 

 

-WEB担当ツール, WordPressでホームページを作るには

執筆者:

関連記事

【秒速】プロバイダーがどこだかわからない時に簡単に確認できる方法

ご自身で活用しているプロバイダーの切替や、解約時などに、「どこを使っていたかわからない」という時ってありますよね。 クライアントさんからのご相談であがったので、簡単に確認できる方法をご紹介します。 プ …

画像のサイズの変更、データ量の圧縮などあれこれできる便利サイトのご紹介

記事やサイトを作成する際に、画像のサイズの変更や、データ量を軽くするための圧縮などしたいときに簡単にできるサイトをご紹介します。サイズや圧縮以外にもあれこれできる便利サイトです。   一括で画像編集で …

出欠確認ならGoogleフォームがおすすめと作成の流れ

Web担当のクライアント業務で、メールでイベント通知し、出欠をどう取るかという相談に対し、Googleフォームを作成しそのURLをメールに添えておくことが良いと回答しました。なるべく情報処理を減らして …

スマホページで最下部にお知らせなどを固定表示させる方法【コピペ対応】

­スマホでサイトを閲覧すると出てくる、最下部の案内を自サイトで表示させたいときの方法です。 クライアントサイトでのケース、WordPressのテーマOnepress使用の場合の方法を解説します。 st …

WordPressで特定カテゴリーのみ一覧から非表示にする方法

WordPressで特定カテゴリーのみ一覧から非表示にする方法を解説します。 クライアントさんのサイトで、記事の続編など似た記事が一覧にあると少しうるさくなっていたので、続編カテゴリーの記事は一覧から …

;