WEB担当ツール・ハウツー WordPressでホームページを作るには

【体験】オンラインビジネスチャットサポートってなに?無料体験の流れと機能を解説

投稿日:

Webサイトの閲覧ユーザーの満足度をあげる機能「オンラインビジネスチャットサポート」、つまりチャットってどんなものなの?いちサービスを無料体験してみた流れと機能解説などしてみたいと思います。

Web365とは

Web365は、外部Web担当者として、クライアントのWebサイトの集客力を高める施策を運用代行しています。

Web365について詳しく知りたい方は「Web365とは」ご覧ください。

当方、クライアントのWebコンサルも担当するので、新サービス導入の提案や調査などもしております。

新しいWebサービスツールを導入するときの進め方と17のチェックリスト

オンラインビジネスチャットサポートとは

オンラインビジネスチャットサポートとは、チャットです。下記画像のように、画面右下にポップアップ表示され、カスタマーサポートとチャットができるサービスです。

メリット

閲覧中のユーザーの疑問点などをすぐに解決できる

があります。

チャットサービス比較

hachidori チャットプラス チャモ
初期費用 50,000 0 0
月額~ 30,000 1,500 4,980
料金体系の諸条件 プラン次第 プラン次第 プラン次第

いくつか、オンラインビジネスチャットサポートのベンダーを比較してみました。

料金は月額課金がメインで、機能拡張やアカウント数など変動していくようです。

    チャットプラスを無料体験で解説

    今回、無料体験として、チャットプラスさんを利用してどんなことができるのか解説します。

    まずは下記で、アカウント登録します。

    https://chatplus.jp/

    下記、登録完了後に、チャット機能を表示させるため、サイト内に貼り付けるコードが案内されます。

    ここは、サイト編集できる方に要依頼ですが、サイトのフッター部分、</body>の前あたりにコピペします。

    続いて、担当者設定です。サイト名と、誰が対応しているのか表示させる担当者名を入力します。

    チャットのデザイン設定です。下記、デフォルトです。

    チャット通知されるアプリも案内されますので、インストール、設定しておきます。

    コードを自サイトに実装すると、右下部に下記のような案内が表示されます。これでチャットができるようになりました。

    管理画面は、下記です。

    訪問者が下記情報で把握できます。

    • IPアドレス
    • どんなページをみているのか

    などが把握できます。

    固定IPアドレスを利用している企業ですと、企業名が表示されました。

    どんな企業団体がどんなページを見ているのか把握できるので、自サイトのページを閲覧しているユーザー層のイメージ参考になります。

    チャットテストしてみます。チャット開始すると、下記図のようにユーザーには表示されます。

    管理画面では、下記、赤枠、ブラウザのタブに通知案内がきます。

    管理画面内のチャットというページで、チャット中のユーザーが赤丸がつきます。

    チャット開始すると、下記のように、チャット画面でコミュニケーションできます。

    下記、管理者返信後の、ユーザー画面です。

    ユーザーが終了すると、下記のように、終了案内が表示されます。

    チャット以外の機能

    そのほかの機能としては、

    • 訪問者の一覧
    • 履歴(チャット履歴)
    • チケット(タスク管理用の案内をチケットとして発行する)
    • レポート(訪問PV、チャット、チケットなどの一覧、CSV発行もできる)

    以上です。

    ご活用ください。






    Web担当者として月額サポートします。

    Web365は貴社のWeb担当者として、制作改善運用をワンストップ定額サポートしています

    ・成果にこだわるサイト制作改善をお望みの方
    ・良いweb制作会社、コンサル会社がいないとお困りの方
    ・分析から改善運用まで一括で依頼したい方


    是非Web365までご相談ください。






    Web制作+Webマーケティングの個別講座開講中

    Web365はWeb担当者のスキルセットである
    サイトを変更する「提案力」と「技術力」について個別指導しております


    ・Webで集客するための「考え方」を知りたい方
    ・サイトの制作改善のセオリーを知りたい方
    ・自身のサイトでケーススタディをしたい方
    ・サイトの制作改善の「技術的なスキル」を習得したい方
    ・分析から改善運用まで自身でしたい方


    どうぞWeb365の個別講座をご覧ください。

    WEB担当ツール・ハウツー, WordPressでホームページを作るには

    執筆者:

    関連記事

    【秒速】プロバイダーがどこだかわからない時に簡単に確認できる方法

    ご自身で活用しているプロバイダーの切替や、解約時などに、「どこを使っていたかわからない」という時ってありますよね。 クライアントさんからのご相談であがったので、簡単に確認できる方法をご紹介します。 W …

    コピーライティングで悩んだときの15の考え方

    自社の商材をPRする際に、どう表現していいか悩むこともあるかと思います。アイデアのたたき台として、コピーライティングで悩んだときの15の考え方を解説します。 Web365とは Web365は、外部We …

    【簡単】WordPressで独自のショートコードを作成し、本文に挿入する方法

    WordPressで独自のショートコードを作成し、本文に挿入する方法を解説します。お決まりの文章や、機能などは、ショートコードを書くだけで、ページに実装できると効率的です。ショートコードの作成方法と、 …

    WordPressのテキストモードでタグボタンを追加する方法

    Web担当業務でクライアントサイトに見出しや太字などのタグがリセットされていたのでCSSの設定した際に、エディタ上のテキストモードでタグボタンを追加する方法を解説します。   下記画像の青枠 …

    Googleアナリティクスの管理権限付与する方法

    Googleアナリティクスの管理権限付与、担当変更や追加の際に発生するタスクですが、今回は外部のWeb担当にサイトの分析改善など一括管理で業務委託する際にどう付与するのかの解説です。 まず権限は、Go …

    ALTタグ入力の方法

    【Webマーケティング】画像検索一覧に表示させる方法なら、ALTタグ入力がおすすめ

    ビジュアル商材を扱っているサイトですと画像検索からの流入も意識したいですね。どんな対策があるか知っていますか? そんなときは、画像のALTタグの入力がおすすめです。 ALTタグの入力で画像検索で自商材 …

    【簡単】サイトマップを自作するときのリンク抽出ツールの紹介

    サイトマップを自作するときに、リンクをひとつひとつコピペするのは大変です。抽出ツールをいくつか探してみて、おすすめを紹介します。 まず、ここでのサイトマップの定義は、サイトのページのタイトルとリンクを …