Googleスプレッドシート/Excel

【1分】Excel(エクセル)のセル保護を解除する簡単な方法

投稿日:

今回は、Excelのセルが保護されていてマニュアル通りに解除してみても、パスワードが分からず解除できないときに解除させる方法をご紹介します。

正確には解除させるというより、ファイル自体を変換させることで保護自体もなかったことにしてしまう方法です。

当方法で元のファイルから9割ほどの精度で変換させることができます。

もしセル保護部分のカスタムがしたく、1から元ファイルを模写していたとしたら、当方法は正味2分以内で変換できるので、貴重なお時間を取り戻すことができます。

課題 パスワード不明のブックのセル保護解除

政府機関によくあるセル保護された法務資料

行政書士など法務系の士業を仕事にしている方は、政府機関の法務手続きの機会の際に、政府機関が発行しているPDFやExcel(エクセル)、Wordなどの資料をダウンロードして活用するケースが多いかと思います。

その際に、該当資料が記入項目以外にはなぜかセルに保護がされていて少しもいじることができないケースがあります。。

セル保護資料が現場実務で生産性を損なわせる

この場合、行政書士の方などの現場実務では、該当資料について、若干の加工をしたいケースが生じているのも事実です。イチから該当資料を自作するなど行政書士の付加価値を最大限活かせていない時間が発生します。

政府機関の資料は説明が簡潔すぎて、ダウンロードしただけでは解決できずに問い合わせしてみて、気づいたら半日かかってしまったケースもあります。

政府機関のサイトの改善や、資料のサポート体制の改善を計るだけでも、日本の生産性は向上するような気もしますが、一個人でできる簡単な解決方法をご紹介します。(執筆時点でできる方法)

解決方法 ExcelファイルをGoogleスプレッドシートで開くだけ

解決方法は以上です。これだけです。

これで理解した方は、ここまでご拝読いただきありがとうございました。

Excel(エクセル)もスプレッドシートも使用経験があり、とりあえず方法の流れを確認したい方は下記動画をご確認ください。(編集してないので、ところどころスムーズでない点ご了承ください)

動画版 Excel(エクセル)のセル保護を解除する簡単な方法

画像版 【Excel(エクセル)】パスワード不明のセル保護されているファイルの保護解除の対応手順

  1. 例、法務省から該当ファイルをDLする
    Excel(エクセル)パスワード不明のセル保護されているファイルの保護解除の対応手順2
    Excel(エクセル)パスワード不明のセル保護されているファイルの保護解除の対応手順4 Excel(エクセル)パスワード不明のセル保護されているファイルの保護解除の対応手順5 Excel(エクセル)パスワード不明のセル保護されているファイルの保護解除の対応手順6 Excel(エクセル)パスワード不明のセル保護されているファイルの保護解除の対応手順7
  2. Googleスプレッドシートを立ち上げて、新規作成し、ファイルメニューのインポートを選択し1のファイルをアップロードする。
    Excel(エクセル)パスワード不明のセル保護されているファイルの保護解除の対応手順3左上のファイルから選択してください。
    Excel(エクセル)パスワード不明のセル保護されているファイルの保護解除の対応手順4
    上部右のアップロードからダウンロードしたファイルを選択してください。
    Excel(エクセル)パスワード不明のセル保護されているファイルの保護解除の対応手順5上から3番目の「スプレッドシートを置換する」を選択してください。
  3. エクセル時のセル保護が解除されてることを確認
    Excel(エクセル)パスワード不明のセル保護されているファイルの保護解除の対応手順6法務省からのダウンロード時では触れなかったセルがスプレッドシートにインポート後は触れていることを確認してください。その他の気になる箇所や別シートも触ってみてください。
  4. 3の状態でもよいですが、エクセルに再度変換する場合、ファイルメニューの形式を指定してダウンロードのMicrosoft Excelを選択する
    Excel(エクセル)パスワード不明のセル保護されているファイルの保護解除の対応手順7左上のファイルから「形式を・・・」でMicrosoft Excelを選択してください。
  5. 4のExcelファイルを開くと、セル保護が解除されています。
  6. 微調整は適宜(当ファイルでは元ファイルの9割の精度で変換できていました)

まとめ 精度は9割、適宜微調整

上記の手順でできたExcelファイルはレイアウトやセル結合までできていますが、罫線の位置など若干ずれている点も見受けられますので、その点を適宜修正すれば元ファイルと同じものが完成します。

これまで、自作で模写していた方などは、当方法でサクッと下地のファイルを作って、自身の付加価値の高い業務にリソースを注ぎましょう。

今後もスプレッドシート/Excel関係などの業務改善できる方法をご紹介していきます。困っている点などご連絡いただければ微力ですが当ブログで解決案を模索させていただきます。(経験値向上が目的なので、もちろん無償です)

-Googleスプレッドシート/Excel

執筆者:

関連記事

Googleスプレッドシートのハイパーリンクからリンク先をテキスト抽出する方法(Excel活用)

今回は、Googleスプレッドシートのハイパーリンクからリンク先をテキスト抽出する方法(Excel活用)をご紹介します。 公開されているスプレッドシート、「出版関連SNS Twitterアカウント一覧 …

イベント

イベント決済サイトを複数運用した際の運営を効率化する方法

クライアントのサイトでイベントチケットの導入しましたので、 各サイトの比較やその後の使用感など共有します。 イベント決済サービスのサイトの使用感比較 イベント決済サービスのサイトは主に5つほど。 この …

イフトのツイートの情報収集が自動する方法0

IFTTT(イフト)でツイート検索をスプレッドシートに自動保存する方法【30秒実装】

IFTTT(イフト)というツールを使えば、例えば、ルーティンでしているツイートの情報収集が自動でできます。 https://ifttt.com/ ツイートの情報収集が自動する方法 https://if …

;