WEB担当ツール マーケティング

【Webマーケティング】テキストメールのメルマガ効果測定はリンクパラメータがおすすめ

投稿日:

テキストメールのリンクパラメータ

テキストメールでのメルマガ送付の効果測定をどうしようか試行錯誤していませんか?

そんなときは、リンクパラメータの付与がおすすめです。

リンクパラメータでメールのリンクがクリックされたかがGoogleアナリティクスで確認できます。

その方法をご紹介します。

テキストメールでのメルマガ送付の効果測定はリンクパラメータがおすすめ

テキストメールでのメールマガジン送付は、開封率やリンククリックなど、閲覧者の状態が確認できないことがデメリットの1つです。

代替案で開封率などが確認できるHTMLメールにする。

という案もありますが、社内方針によりテキストメールにしているという企業もあります。

その理由は、

  • HTMLメールでできる装飾などの工数
  • 既存顧客などにテキストで送っていたので切り替えることの違和感

などが挙げれられます。

上記のような理由なら、

  1. HTMLメールに切り替える
  2. 装飾はせず、テキストメールのような体裁にする
  3. 開封率やリンククリック率など計測設定する

で代替できますので、一案です。

そうはいっても切り替えられない場合、テキストメールでどう効果測定するか。

まず、テキストメールは、開封率は確認できません。

よって、リンクURLにパラメータをつけることで、クリックしたか測定する。

があります。

テキストメールでは、開封率こそわかりませんが、クリックしたユーザー、という自社に関心のあるユーザーが特定できれば良いと考えれば、リンククリックの把握でひとつ効果測定はできます。

その方法は、リンクURLにパラメーターをつける。

という方法です。

パラメーターとは、URLの末に?をつけ、それ以降に属性などを追記すれば、 Googleアナリティクスでそのパラメーターつきのリンクが確認できます。

つまり、テキストメールのクリック数など測定できます。

パラメーターの詳細については、Googleの説明ページと生成ツールをご確認ください。

パラメータについて

https://support.google.com/analytics/answer/1033867?hl=ja

パラメーター生成ツール

https://ga-dev-tools.appspot.com/campaign-url-builder/

例えば、

TOPのURLのリンクなら、

” https://www.example.co.jp “なら

” https://www.example.co.jp ?”と?をつけ、

” https://www.example.co.jp ?utm_source=newsletter&utm_medium=email&utm_campaign=letter”と属性をつけるだけです。

utm_source=newsletterは、

utm_sourceとは、キャンペーンソース、つまり、どこから流入したら把握する属性です。
例では、newsletter、ニュースレター、メルマガの意を記載してます。

utm_mediumとは、キャンペーンミディアム、つまり、どの媒体かを把握する属性です。
例では、email、メール、メールで送ったもの意を記載してます。

utm_campaignとは、キャンペーン、つまり、キャンペーン名です。どのキャンペーンかを把握する属性です。
例では、letter、レター、メールで送ったDMだということがわかるよう記載してます。ここは複数になってもわかるよう、日時など2020-10-16_ letterなど自身がわかりやすいよう記載すると良いです。

別のURLにしたいなら、上記の?前を差し替えればできるのでご活用ください。

以上です。

このほか、Webからの集客を改善する方法の一覧をまとめた記事を紹介します。

【徹底解説】WEBマーケティングとは&WEB集客とは一覧






Web担当者として月額サポートします。

Web365は貴社のWeb担当者として、制作改善運用をワンストップ定額サポートしています

・成果にこだわるサイト制作改善をお望みの方
・良いweb制作会社、コンサル会社がいないとお困りの方
・分析から改善運用まで一括で依頼したい方


是非Web365までご相談ください。






Web制作+Webマーケティングの個別講座開講中

Web365はWeb担当者のスキルセットである
サイトを変更する「提案力」と「技術力」について個別指導しております


・Webで集客するための「考え方」を知りたい方
・サイトの制作改善のセオリーを知りたい方
・自身のサイトでケーススタディをしたい方
・サイトの制作改善の「技術的なスキル」を習得したい方
・分析から改善運用まで自身でしたい方


どうぞWeb365の個別講座をご覧ください。

WEB担当ツール, マーケティング

執筆者:

関連記事

【事例】Webサイトの保守運用を外注依頼すると何をしてくれるのか?

Webサイトを制作業者に依頼し納品後に発生する「保守運用・セキュリティ」の業務。 あれは実際何をしてくれるのか。 Web365の場合で事例解説します。   保守運用の大きなタスクは3つ Webサイトの …

ALTタグ入力の方法

【Webマーケティング】画像検索一覧に表示させる方法なら、ALTタグ入力がおすすめ

ビジュアル商材を扱っているサイトですと画像検索からの流入も意識したいですね。どんな対策があるか知っていますか? そんなときは、画像のALTタグの入力がおすすめです。 ALTタグの入力で画像検索で自商材 …

出欠確認ならGoogleフォームがおすすめと作成の流れ

Web担当のクライアント業務で、メールでイベント通知し、出欠をどう取るかという相談に対し、Googleフォームを作成しそのURLをメールに添えておくことが良いと回答しました。なるべく情報処理を減らして …

【提案】地域性の強いビジネスでのWEB集客案を考えてみました

地域性の強いビジネスでのサイト集客改善のご相談を受けたので、考えた方を共有します。 結論としては、下記です。 Google広告で集客する MEO対策 SEO対策 ランディングページ作成 サイトリニュー …

【note更新】本屋さんなど「街場の経済」の10のことについて考えてみました

本屋さんなど「街場の経済」の今後のキーワードを考えてみました。 ・ライブ体験(大前提)・オンライン環境・小さな物流・コミュニティ・パブリシティ・先払い・ギフト経済・オリジナル商品・ライブ商材のデータ商 …

文字起こしは音声データを口頭でGoogleドキュメントに音声入力するがなんだかんだ一番かもです

文字起こしは音声データを口頭でGoogleドキュメントに音声入力するがなんだかんだ一番かもです。 クライアントさんの話を聞き書きし、記事化する業務をしています。 その際に、音声データを文字起こしする必 …

新しいWebサービスツールを導入するときの進め方と17のチェックリスト

Webまわりの新しいサービスツールを導入するときの進め方とチェックリストです。 クライアントさんが新しいツールなどを導入検討されている場合の相談や進行を担当することがあります。 その際、導入前の自社内 …

^
;